あなたは一般中古車相場よりも最大67万円以上も安く購入できることもある、中古車、新古車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で簡単!超お買い得な非公開車両の検索はコチラ!
※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

タントの価格と最大値引きを考えると絶対に中古車にすべき3つの理由

 

2003年のデビュー以来、新車累計販売台数200万台を突破した、ダイハツの人気スーパハイトワゴン「タント」。

 

両側スライドドア採用、ピラーレスを採用した乗降性抜群の設計に、家族で乗られる方、特にお子様連れの方には、お子様の室内での御世話がしやすくなっていることでも人気の利便性のある軽自動車ですね。

 

「NBOXは高いからタントを購入しようかな?」

「新車のタントは高いから中古車にしようか迷っている・・・」

とお考えの「あなた」に、今回はダイハツタントの新車の車両本体価格と、最大値引き額を検証しながら、なぜ中古車の購入がお勧めなのかをお伝えしていきます。

 

 

☆大人気!タント 「価格」「最大値引き」関連記事!☆

⇒ダイハツタントの新車は買うな!中古車を買うべき5つの理由とは?

⇒新型スペーシアは買うな!維持費から見る中古車にすべき3つの理由とは?

⇒新型NBOXの価格と最大値引きを検証したら絶対中古車がお勧め!

⇒デイズルークスの価格と最大値引きを考えると中古にすべき3つの理由

⇒ウェイクの価格最大値引きを考えると中古にすべき3つの理由とは?

※新規タブで開きますので、時間が無い方は後日読んでみるのもお勧めです。

 

理由1.新車の上位車種の車両本体価格は高い!

 

まずは、ダイハツタント、タントカスタムの全グレードを車両本体価格を一覧にしてみましたので、チェックしてみましょう。

 

【タント】

グレード 車両本体価格(税込み) 主な装備
L(FF) 1,220,400円 ・キーレスエントリー
・マニュアルエアコン
・電動式ドアミラー
(4WD) 1,350,000円 上記に同じ
L“SAⅢ”(FF) 1,285,200円 上記に同じ
(4WD) 1,414,800円 上記に同じ
X(FF) 1,355,400円 ・プッシュボタンスターター
・オートエアコン
・左側パワースライドドア
・電動式ドアミラー
(4WD) 1,479,600円 上記に同じ
X“SAⅢ”(FF) 1,420,200円 上記に同じ
(4WD) 1,544,400円 上記に同じ
X“ホワイト
アクセントSAⅢ”(FF)
1,485,000円 上記に同じ
(4WD) 1,609,200円 上記に同じ
G“SAⅢ”(FF) 1,533,600円 ・プッシュボタンスターター
・オートエアコン
・左側パワースライドドア
・電動式ドアミラー
・メッキフロントグリル
(4WD) 1,657,800円  上記に同じ
Xターボ“SAⅢ”(FF) 1,501,200円 ・プッシュボタンスターター
・オートエアコン
・左側パワースライドドア
・電動式ドアミラー
・メッキフロントグリル
・マルチリフレクターハロゲンフォグランプ
(4WD) 1,625,400円  上記に同じ

 

お手頃グレードの「L/L・SAⅢ」に関しては価格帯は税込み120万円台となっていますが、肝心の装備は最低限の物しかついておらず、家族連れの方には必要な「電動スライドドア」は付いておりません。

 

上位モデルと、「L」の装備の差は、ターボの有無を抜きにした場合、「プッシュボタンスターター」、「電動スライドドア」、「オートエアコン」という3点の装備の違いになっています。

 

【タントカスタム】

タントカスタムの場合

・プッシュボタンスターター

・オートエアコン

・左側パワースライドドア

・電動式ドアミラー

は標準装備になっており、以下の「主な装備」はタントカスタムでの違いになります。

 

タントカスタム 車両本体価格(税込み) 主な装備
X(FF) 1,528,200円 ・14インチアルミホイール
・大型エアロバンパー(F/R)
・メッキフロントグリル
・LEDヘッドランプ
・ウレタンステアリングホイール
・ウレタンインパネセンターシフト
(4WD) 1,652,400円 上記に同じ
X“SAⅢ”(FF) 1,593,000円 上記に同じ
(4WD) 1,717,200円 上記に同じ
X“トップ
エディション SA Ⅲ”(FF)
1,652,400円 ・14インチアルミホイール
・専用大型エアロバンパー(F/R)
・メッキフロントグリル
・ダークメッキLEDヘッドランプ
・ウレタンステアリングホイール
・ウレタンインパネセンターシフト
(4WD) 1,776,600円 上記に同じ
RSターボ“SA Ⅲ”(FF) 1,706,400円 ・15インチアルミホイール
・大型エアロバンパー(F/R)
・メッキフロントグリル
・LEDヘッドランプ
・革巻きステアリングホイール
・本革インパネセンターシフト
(4WD) 1,830,600円 上記に同じ
RSターボ“トップ
エディション SA Ⅲ” (FF)
1,749,600円 ・15インチアルミホイール
・専用大型エアロバンパー(F/R)
・メッキフロントグリル
・ダークメッキLEDヘッドランプ
・革巻きステアリングホイール
・本革インパネセンターシフト
(4WD) 1,873,800円 上記に同じ

 

タントカスタムは電動スライドドアを全グレードで採用、主なグレード間の違いは、グレードごとに「フロントバンパー」、「グリル」に違いがあり、「タイヤサイズ」14インチと15インチということが主な装備の差異で、内装に関しては、本革のシフトが使われているかどうかの違い位しかありません。

 

現行型のタントカスタムの外観の変更は2015年12月に変更された物で、それ以降は変更点はありません。

 

以上の様に、タントとタントカスタムの車両本体価格を見てきましたが、通勤用、買い物専用のセカンドカーにする場合は、お手ごろな「L」でも充分に活躍できるグレードですが、もし、あなたがファミリーカーとして使う場合は、やはり上位クラスの「電動スライドドア」、「オートエアコン」は必須になってくるでしょう。

 

その様に考えると、「タント」ではXの1,355,400円が最低ラインになります。

 

では次に「タントX」を例に最大値引きについて、検証していきます。

 

 

理由2.新車の車両本体価格からの最大値引き率が悪い!

 

 

値引という言葉を聞くと、あなたは車両本体価格からの値引きを想像するかもしれませんが、タントの場合は、車両本体価格からの値引きよりもオプションの総額からの値引き率を重視している車種です。

 

そのため、あなたが純正オプション「いらない派」の場合は、車両本体価格の値引き率は渋ってくることもありますので、車両単体のみで購入を考えている場合は、全グレードで最大値引きで3~5万円できれば大成功となります。

 

あなたの交渉テクニックや、地域によって値引き率は違ってきますが、おおよその値引き額は、

・車両本体・・・5~7万円引き

・オプション・・・10万円引き(オプション総額25万円の場合)

となっています。

 

つまり、オプションを含めた値引金額が15万円と仮定した場合、

例)タントX(1,355,400円)

・車両本体価格・・・1,355,400円-5万円=1,305,400円

・オプション・・・250,000円-10万円=100,000円

合計1,405,400円(税込み)

 

以上の様に、合計金額は車両本体価格を上回る結果になります。

 

タントの最大値引きは車両本体のみで考えると、かなり渋いという結果になってしまい、総額で考えると、安い価格帯のグレードも結果的には高くなってしまうという矛盾した金額になってしまいます。

 

それでは、タントの車両本体価格、オプションの最大値引き率を確認したうえで、何故、中古車がお勧めなのかを検証していきましょう。

 

 

理由3.タントの中古車市場価格が低下している!

 

あなたは、最近の軽自動車の中古車市場は以前と比べると、新車価格が普通車両と比べて安いにもかかわらず、価格が低迷してきていることをご存知でしょうか?

 

現行型のタント、タントカスタムにフルモデルチェンジしたのは2013年10月

 

それ以降は、多少のマイナーチェンジは行われてきましたが、外見は大きな違いはありません。

 

そこで、お勧めするタントは、2013年のフルモデルチェンジ直後のモデル、あるいは2014年のモデルで走行距離が2~3万kmの中古車をお勧めいたします。

 

中古車の一例は下記の記事で紹介いたしましたが、

・タントX(2014年 走行距離2万km程度)で80万円台~

・タントカスタムX(2014年 走行距離2万km)で90万円台後半~

参考

⇒タントの燃費と実燃費が気になるなら絶対に中古車にすべき3つの理由

 

というように、走行距離がまだまだ少ないものでも価格帯は低くなってきています。

 

タントカスタムの場合、安くて走行距離があまりいっていないものを探すのには時間がかかりますが、上記の価格帯から見つけることも可能です。

 

 

タントを買うのなら中古車の○○が絶対にお勧め!

 

今回はタント、タントカスタムの車両本体価格と最大値引きについて見てきました。

 

最大値引きをフルで出すためには、やはりオプションを20万円以上付けることが前提になってきますので、中々、車両本体価格のみでの値引き率は良くありません。

 

そう考えると、少しでもグレードが良い、走行距離2~3万km以内の2014年型の中古車が狙い目になってきます。

 

中でもお勧めは

2014年型のノンターボのFFタントX SA電動スライドドア付き

になります。

 

お子様のいる家庭でもうれしい、自動スライドドア装備でも中古車の価格は、おおむね80万円台から販売しています。

 

さらに、タントの場合、タイミングベルトではなく、タイミングチェーンになっていますので、長く乗る方にも金額的な負担は少なくなります。

 

更に維持費の事を考えると、2015年4月以降の現行モデルは、税制が変わり軽自動車税10500円/年ですが、私がお勧めする2014年モデルは、ナンバープレートが更新されていなければ7500円/年の支払いで済むこともうれしいですね。

 

~軽自動車の新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたは一般中古車相場よりも最大67万円以上も安く購入できることもある、中古車、新古車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で簡単!超お買い得な非公開車両の検索はコチラ!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

 

関連記事

【タント】

⇒ダイハツタントの維持費を考えると絶対に中古車にすべき3つの理由!

⇒ダイハツタントの安全性を考えるなら中古車購入にすべき3つの理由!

⇒ダイハツタントの加速と馬力から考える絶対に中古にすべき3つの理由

⇒タントの燃費と実燃費が気になるなら絶対に中古車にすべき3つの理由

⇒ダイハツタントの新車は絶対買うな!中古車を買うべき5つの理由とは?

【価格、最大値引き】

⇒新型NBOXの価格と最大値引きを検証したら絶対中古車がお勧め!

⇒新型スペーシアは買うな!価格と最大値引きを考えると中古車にすべき3つの理由

⇒デイズルークスの価格と最大値引きを考えると中古にすべき3つの理由

⇒目次はこちらです