あなたは一般中古車相場よりも最大67万円以上も安く購入できることもある、中古車、新古車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で簡単!超お買い得な非公開車両の検索はコチラ!
※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

【中古車比較】新車は買うな!スペーシアvsウェイクの加速と馬力を徹底評価!

 

家族を乗せたり、大きな荷物を積めるマルチユースの使い勝手の良さが人気のスーパーハイトクラスのスペーシアとウェイク。

 

この記事を購入前に読むことで、スペーシアとウェイクの馬力についてかなり理解できます。

 

今回は中古車を購入するという前提で、スペーシアとウェイクの馬力と加速を

1.データー上の馬力とトルク

2.実際の加速感

3.「0-100km/h」タイム

で比較評価していきます。

 

 

☆大人気!スペーシアvsウェイク 加速馬力関連記事☆

⇒【中古車比較】スペーシアvsウェイク5番勝負!購入すべきはどちらだ?

⇒NBOXvsデイズルークスの加速と馬力を徹底比較!

⇒スペーシアvsタントの加速と馬力を徹底比較!

⇒スペーシアvsデイズルークスの加速馬力を徹底比較!

⇒タントvsNBOX中古車の加速と馬力を徹底比較!

⇒タントvsデイズルークスの加速と馬力を徹底比較!

⇒NBOXvsデイズルークスの加速と馬力を徹底比較!

⇒ウェイクvsデイズルークスの加速と馬力を徹底比較!

※新規タブで開きますので、時間が無い方は後日読んでみるのもお勧めです。

 

【中古車比較】スペーシアvsウェイクの馬力と加速を徹底評価!

 

2017年12月14日にウェイクは新型モデルを投入しましたが、エンジン自体は旧来の「R06A型」エンジンをそのまま使っていますが、ハイブリッドモータは新型を投入して、加速力はアップしました。

参考

⇒新型スペーシアは買うな!加速馬力から考える中古車にすべき3つの理由

 

2015年後期型のスペーシアは、予防安全性能が一応の完成を見せ、走行距離、キズ、ヘコミの少ない上質な中古車が価格下落のために狙い目の年式になります。

 

一方のウェイクは、2014年の11月10日に発売され、まだ日が浅いということで、2015年型は現行型の新車とはほぼ変わっておりませんが、スペーシアと同じく走行距離、キズ、ヘコミの少ない車両の価格が比較的安く購入することができます。

 

それでは、前置きが長くなりましたが、スペーシアとウェイクの馬力と加速を比較していきましょう。

 

その1.データー上の馬力とトルクの違いとは?

 

データ上の馬力とトルクは、エンジン自体の性能になりますので、車重や空力性能が加味されていませんので、実際の走りとは少しかけ離れた結果になることがありますので、前もってご了承ください。

 

それでは、実際のスペーシアとウェイクの馬力とトルクを比較してみましょう。

 

車名 最高出力
PS/rpm
最大トルク
N-m(kgf-m)/rpm
スペーシア(ノンターボ)
G/X/GS/XS
52/6500 63(6.4)/4,000
ウェイク(ノンターボ)
L/D
52/6,800 60(6.1)/5,200
スペーシアカスタム(ターボ)
GSターボ
XSターボ
64/6,000 98(10.0)/3,000
ウェイク(ターボ)
X/G
64/6,400 92(9.4)/3,200

※カスタム含む

 

上記のように比較すると、馬力はノンターボ、ターボ車共に同じですが、トルクはスペーシアの方がウェイクよりも勝っている上に、低回転でのトルクピークを発生させています。

 

エンジン自体の馬力、トルクに関してはスペーシアの勝利となります。

 

更にスペーシアの場合は、ハイブリッドモーターが装備されていますので、モーターならではの低回転域での太いトルクは加速に影響しています。

 

では次に、実際の走りでの加速と馬力を比較評価していきましょう。

 

その2.実際の加速感の違いとは?

 

結論から言うと、実際の走りでウェイクとスペーシアを比較すると、残念ながら両車の間でかなりの差が出てきてしまいます。

 

スペーシアはスーパーハイトクラス唯一のハイブリッドカーで、更にクラス最軽量(840kg~)の車重になりますが、一方のウェイクは1tを超えるクラス最重量。

参考

⇒【中古車比較】新車は買うな!スペーシアvsウェイクの燃費と実燃費を徹底評価!

 

前項で説明したエンジン以外にも、スペーシアのスタート時の加速で威力を発揮するハイブリッドモーターのスペックは下記のようになっています。

 

最高出力
PS/rpm
最大トルク
N-m(kgf-m)/rpm
スペーシア
WA04A型
2.2/1,000 40(4.1)/100

※カスタム含む

 

更に、スペーシアとタントのパワーウェイトレシオ(車重÷馬力)を比較すると、

・スペーシアX(FF):16.346kg/ps

・ウェイク“SA ”D(FF):19.038kg/ps

・スペーシアカスタムGSターボ(FF):13.906kg/ps

・ウェイク“SA ”Gターボ(FF):15.937kg/ps

ウェイクのノンターボ車では軽自動車ではワーストクラスの値を示していますが、馬力のあるターボ車でもスペーシアのノンターボ車とかなり数値が近くなっています。

 

実際にウェイクに乗った感想では、ノンターボには加速と馬力は期待することはできず、人数を乗せる場合や、上り坂の多い地域ではターボ車は必須となってきます。

 

一方のスペーシアの場合、ターボ車ではかなり加速は良く、ノンターボ車でも停車時からの加速感は、ハイブリッドモーターが威力を発揮しますので、ノンターボでもストレスなく加速していきます。

 

以上のように実際の加速感、馬力感を比較評価するとスペーシアの圧勝ということがお分かりいただけたと思います。

 

ちなみにですが、新型スペーシアの場合新たに「パワーモード」が搭載され、ターボ車、ノンターボ車でも加速感は旧スペーシアよりも良くなっています。

参考

⇒新型スペーシアは買うな!加速馬力から考える中古車にすべき3つの理由

 

次は実際の加速を比較する上でも重要な0-100km/hのタイムで評価していきましょう。

 

その3.「0-100km/h」の加速タイムの違いとは?

 

実際の馬力感、加速感を実際に乗ることができなくても理解しやすい値に、0-100km/hの加速タイムになります。

 

2015年型スペーシアとウェイクの実際の0-100km/hのタイムを比較すると、

車名 0-100km/hタイム
スペーシア(ノンターボ) 15秒前半
ウェイク(ノンターボ) 17秒前半
スペーシア(ターボ) 12秒後半
ウェイク(ターボ) 15秒前半

※youtube、ネット上のデーターから平均値を集計

 

上記のようにスペーシアとウェイクでは2秒以上のタイム差が出てきます。

 

0-100km/hの加速タイムはメーカーからは公式発表されていませんので、ネット上の情報をもとに集計しましたので、路面状況やエンジンやタイヤの状態によってもかなり違いが出てきてしまいますので、あくまでも参考値としてください。

 

ウェイクは、やはり、出だしが悪く、かなり高回転域に達してこないと加速の伸びが感じられないような感じですが、スペーシアはターボ、ノンターボに限らず低速からの伸び上りがスムーズになっています。

 

ちなみにですが、主な軽自動車の0-100km/hの加速タイムは以下のようになります。

 

【主要軽自動車0-100km/hタイム】

車種 時間(秒)
N-ONE(ターボ) 10.2
アルトターボRS 11.2
N-WGN(ターボ) 11.5
ワゴンRスティングレー(ターボ) 11.8
スペーシアカスタムGS(ターボ) 12.9
ムーブカスタム(ターボ) 13
タントカスタムRS(ターボ) 13
キャストアクテイバ(ターボ) 14.3
N-BOX(ターボ) 14.5
デイズルークスハイウェイスターX(ターボ) 14.8

 

上記のように、スペーシアとウェイクの加速と馬力を比較評価してきましたが、スペーシアの圧勝になりました。

 

ただ、中古車を購入する上では、加速や馬力も重要ですが、車両価格が購入の決め手となります。

 

それでは中古車販売価格についてスペーシアとウェイクを比較評価していきましょう。

 

【最重要】スペーシアvsウェイクの中古車価格の違いとは?

 

加速と馬力はスペーシアの圧勝という結果になりましたが、実際に中古車を購入するときの車両販売の相場はかなり重要になります。

 

ここでは、2015年型のスペーシアとウェイクを走行距離2万~3万kmのキズヘコミなどの少ない上質な中古車の車両価格を比較してみましょう。

 

・スペーシア:60万円台前半~

・スペーシアカスタム:80万円台前半~

・ウェイク(ノンターボ):80万円台後半~

・スペーシアカスタムターボ:90万円台前半~

・ウェイク(ターボ):90万円台前半~

 

上記のように価格帯は、スペーシアカスタムとウェイクがノンターボ、ターボ車共にほぼ同じ金額になります。

 

ですが、ウェイクは加速力の事を考えるとターボ車は必須になりますので、安くても90万円台前半からという、選択肢の少ない金額になります。

 

中古車の車両販売価格を比較すると、ノンターボ車で構わないという方は、スペーシアの方が断然安く購入することができ、更に、スペーシアは新型が販売されて中古車価格が下落中ですので、今後も比較的安く購入することは可能です。

 

 

結論!中古車で購入するなら○○で決まりです!

 

今回はスペーシアとウェイクの加速と馬力を比較してきましたが、スペーシアの圧勝という結果になりました。

 

実際に中古車を購入するときは、加速、馬力の他、燃費、安全性、中古車価格といったものも重要になりますが、総合的に考えても

2015年後期型スペーシアの中古車の購入を強くお勧めいたします。

 

 

~軽自動車の新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたは一般中古車相場よりも最大67万円以上も安く購入できることもある、中古車、新古車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で簡単!超お買い得な非公開車両の検索はコチラ!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

 

関連記事

【スペーシアvsウェイク中古車比較】

⇒【中古車比較】スペーシアvsウェイク5番勝負!購入すべきはどちらだ?

⇒【中古車比較】新車は買うな!スペーシアvsウェイクの燃費と実燃費を徹底評価!

⇒【中古車比較】安全性3番勝負!スペーシアvsウェイクを徹底評価!

⇒【中古車比較】室内空間3番勝負!スペーシアvsウェイクの広さを徹底評価!

【中古ライバル車比較】

⇒スペーシアvsタント購入すべきはどちらだ?

⇒NBOXvsデイズルークス購入すべきはどちらだ?

⇒タントvsNBOX全力で購入すべき勝者はどちらだ?

⇒タントvsデイズルークス購入すべきはどちらだ?

⇒スペーシアvsデイズルークス購入すべきはどちらだ?

⇒NBOXvsスペーシア購入すべきはどちらだ?

⇒もくじはこちらです。