あなたは一般中古車相場よりも最大67万円以上も安く購入できることもある、中古車、新古車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で簡単!超お買い得な非公開車両の検索はコチラ!
※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

【中古車比較】安全性3番勝負!NBOXvsウェイクの勝者はどちらだ?

 

ファミリーユースでも人気の高いNBOXとウェイクですが、万が一の事故の時に大切な家族を守る「安全性」は車を購入する上では確認すべき重要な要素の一つになります。

 

今回は中古車を購入するという前提で2015年型のNBOXとウェイクの安全性能について

1.予防安全性能

2.エアバッグ

3.走行中の安定性

という3つの視点から比較評価していきます。

 

 

☆大人気!NBOXvsウェイク 「安全性能」関連記事!☆

⇒【中古車比較】NBOXvsウェイク5番勝負!購入すべきはどちらだ?

⇒NBOXvsタント全力で3つの安全性能を徹底比較!

⇒NBOXvsデイズルークス3つの安全性能を徹底比較!

⇒NBOXvsスペーシア3つの安全性能を徹底比較!

⇒ウェイクvsスペーシア3つの安全性能を徹底比較!

⇒ウェイクvsタント3つの安全性能を徹底比較!

⇒ウェイクvsデイズルークス3つの安全性能を徹底比較!

※新規タブで開きますので、時間が無い方は後日読んでみるのもお勧めです。

 

その1.予防安全性能の違いとは?

 

最新の予防安全機能は、モデルチェンジ、バージョンアップが行われていますので、今回ご紹介する2015年型のNBOXとウェイクは、新車と比べるとやや見劣りしてしまう点があります。

 

ですが、一応の安全性機能は装備されていますので、万が一の事故を未然に防ぐには大いに役立ちます。

 

まずは、一覧でNBOXとウェイクの「予防安全機能」を比較してみましょう。

 

予防安全性能 NBOX ウェイク
衝突警報機能(対車両)
衝突回避支援ブレーキ機能(対車両)
誤発進抑制制御機能(前方)
誤発進抑制制御機能(後方) ×
先行車発進お知らせ機能 × ×
エマージェンシーストップシグナル ×
ヒルスタートアシスト機能 ×

 

走行中の予防安全機能

 

上記のように比較すると、走行中の事故防止機能

・衝突警報機能(対車両)

・衝突回避支援ブレーキ機能(対車両)

に関しては、両車共に装備され、走行中の自動ブレーキの作動範囲も

・NBOX:5~30km/h

・ウェイク:4~30km/h

というように、両車共に低速時のみの作動範囲ながらも互角になっています。

 

駐停車時の予防安全機能

 

駐車場に停める時や、発進時にアクセルとブレーキの踏み間違いや、ギアの入れ間違いで他の車両への衝突を防ぐ機能「誤発進抑制制御機能」は両車ともに装備されています。

 

ですが、ウェイクの「誤発進抑制制御機能(後方)」の機能はギアの入れ間違いにも対応していることもありますので、ご年配の方や初心者の方にはお勧めの機能になります。

 

その他の装備では、NBOXの坂道発進時に後ろに下がらない「ヒルスタートアシスト機能」は最近のオートマチック車にはあまり必要ではない装備であり、同様に「エマージェンシーストップシグナル」機能も緊急時には役立つこともありますが、大きな安全性のアドバンテージにはなりません。

 

ということで、予防安全性能はウェイクの勝利とさせていただきます。

 

 

その2.エアバッグ装備の違いとは?

 

最近の軽自動車はボディーの剛性などが強化され、エアバッグも前席にはフロント、サイドエアバッグが標準装備されていますが、万が一の事故の時には後部座席のエアバッグの有無が深刻な怪我から乗員を守ってくれる機能となります。

 

ファミリーユースで後部座席にも人を乗せる機会の多いNBOX、ウェイクのエアバッグ機能はどうでしょうか?

 

後部座席のエアバッグでドアや窓などに頭部を強打することから防いでくれる「サイドカーテンエアバッグ」の装備は、

・NBOX:全グレード「あんしんパッケージ」車(オプション)

・ウェイク:なし

というようにウェイクではオプションでも装備することはできません。

 

新車の現行型ウェイクでもサイドカーテンエアバッグは装備できず、NBOXでは新型は全車標準装備となっています。

参考

⇒新型NBOXの安全性能を比較したら絶対中古がお勧めの理由とは?

⇒新車は買うな!ウェイクの安全性を考えるなら中古車にすべき3つの理由!

 

軽自動車全般ではよくある事なのですが、後部座席の安全性に関しては、まだまだミニバン、普通車と比べると遅れています。

 

2015年型の両車のエアバッグに関しては、NBOXには後部座席にも対応する「サイドカーテンエアバッグ」搭載車の「あんしんパッケージ」車がありますので、NBOXの勝利ということが言えます。

 

 

その3.走行中の安定性の違いとは?

 

ウェイクはご存知かもしれませんが、同じダイハツのタントをベースとしたスーパーハイトクラスワゴンですが、足回りは硬めに設定し、1tを超え、更に軽自動車では最も高い車高(商用ワゴンを除く)を安定感を増すように設定しています。

 

重心はNBOXと比べウェイクは高めになっていますが、ゆったりと曲がるようにセッティングされています。

 

一方のNBOXの場合は、ウェイクよりもハンドリングに緩慢さを持たせていますが、コーナー時の安定性は、車高が高い割にNBOXよりもウェイクの方が足回りを重視していることもあり安定感を持った曲がり方をしています。

 

高速道路などの高速走行時の安定性は、NBOXよりもウェイクの方が車高も高く、空力性能も悪いためにロールを出しますので、安定感はやや劣ります。

 

実際の走行時の安定性は、総合的にみると両車引き分けということが言えます。

 

上記のようにNBOXとウェイクの安全性能を3つの点から比較評価してきましたが、結果は1勝1敗1引き分けという結果になりました。

 

ですが、中古車を購入するときの最大の決め手は、やはり価格になります。

 

それでは中古車本体の価格相場でNBOXとウェイクを比較してみましょう。

 

 

【最重要】NBOXとスペーシアの中古車相場の違いとは?

 

ここでは、安全性能の比較ということですから、NBOXのサイドカーテンエアバッグ搭載の2015年「あんしんパッケージ」モデルとウェイクを走行距離2~3万kmの車両で比較してみましょう。

【2015年型NBOX】

N-BOX  C メモリーナビ/あんしんパッケージ/カーナビ/ワンセグ

走行距離:1.5万km

価格:84.0万円

 

N-BOX  G SSパッケージ  両側パワースライドドア/あんしんパッケージ/ETC/カーナビ

走行距離:2.8万km

価格:99.8万円

 

N-BOX カスタムG SSパッケージ あんしんパッケージ/カーナビ/フルセグ/ETC

走行距離:2.2万km

価格:113.5万円

 

N-BOX カスタムG ターボSSパッケージ  あんしんパッケージ/禁煙車/両側パワースライドドア/カーナビ/フルセグ/ETC

走行距離:2.8万km

価格:121.0万円

 

【2015年型ウェイク】

ウェイク D SA   LEDヘッド/ワンオーナー/禁煙/カーナビ/ETC

走行距離:2.3万km

価格:86.5万円

 

ウェイク L SA メモリーナビTV/電動スライドドア/LEDライト/カーナビ/ワンセグ/ETC

走行距離:2.5万km

価格:87.8万円

 

ウェイク X ターボ カーナビ/バックカメラ LED /ETC

走行距離:2.8万km

価格:92.2万円

 

ウェイク G SA ターボ カーナビ/両側電動スライドドア/ワンセグ/ETC

走行距離:2.2万km

価格:94.8万円

 

ウェイク  X ターボ 禁煙/両側電動スライドドア/カーナビ/ETC

走行距離:1.8万km

価格:98.8万円

 

NBOX「安心パッケージ」とウェイクの中古車価格の相場はまとめると以下のようになります。

・NBOX「安心パッケージ」(ノンターボ):80万円台前半~

・NBOXカスタム「安心パッケージ」(ノンターボ):90万円台後半~

・ウェイク(ノンターボ):80万円台後半~

・NBOX「安心パッケージ」(ターボ):110万円台前半~

・NBOXカスタム「安心パッケージ」(ターボ):110万円台後半~

・ウェイク(ターボ):90万円台前半~

 

上記のように比較するとNBOXの「安心パッケージ」はウェイクよりも高額になりますが、「安心パッケージ」の非搭載車両の価格は以下のようになりまウェイクよりも安い車両もあります。

・NBOX(ノンターボ):70万円台前半~

・NBOXカスタム(ノンターボ):80万円台後半~

・NBOX(ターボ):80万円台後半~

・NBOXカスタム(ターボ):90万円台後半~

 

また、NBOXは現在新型車両が発売され、中古車価格は下落中なので、上記の相場より安い車両も見つけられる機会も多くあります。

 

 

結論!中古車を購入するなら○○で決まりです!

 

今回はNBOXとウェイクの2015年型の中古車を購入するという前提で安全性能を比較してきました。

 

安全性能については、ほぼ互角の1勝1敗1引き分けですが、「燃費」「加速」「中古車価格」「ブランドバリュー」などを総合的に判断すると

2015年型NBOXの中古車の購入を強くお勧めいたします!

 

 

~軽自動車の新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたは一般中古車相場よりも最大67万円以上も安く購入できることもある、中古車、新古車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で簡単!超お買い得な非公開車両の検索はコチラ!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

 

関連記事

【中古車NBOXvsウェイク】

⇒【中古車比較】NBOXvsウェイク5番勝負!購入すべきはどちらだ?

⇒【中古車比較】室内空間3番勝負!NBOXvsウェイクの広さを徹底評価!

⇒【中古車比較】安全性3番勝負!NBOXvsウェイクの勝者はどちらだ?

⇒【中古車対決】新車は買うな!NBOXvsウェイクの加速と馬力を徹底比較!

⇒【中古車対決】新車は買うな!NBOXvsウェイクの燃費と実燃費を徹底比較!

【中古ライバル車比較】

⇒NBOXvsスペーシア購入すべきはどちらだ?

⇒NBOXvsデイズルークス購入すべきはどちらだ?

⇒スペーシアvsウェイク購入すべきはどちらだ?

⇒スペーシアvsデイズルークス購入すべきはどちらだ?

⇒タントvsNBOX購入すべき勝者はどちらだ?

⇒タントvsウェイク購入すべきはどちらだ?

⇒タントvsデイズルークス購入すべきはどちらだ?

⇒もくじはこちらです。