あなたは一般中古車相場よりも最大67万円以上も安く購入できることもある、中古車、新古車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で簡単!超お買い得な非公開車両の検索はコチラ!
※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

【中古車比較】室内空間3番勝負!NBOXvsウェイクの広さを徹底評価!

 

軽自動車でも室内空間の広さで購入を検討することの多いNBOXとウェイク。

 

家族を乗せたり、大きな荷物を積むということで、少しでも広い室内空間を確保したい方には今回の記事は要チェックです。

 

今回は、中古車を購入するという前提で2015年型NBOXとウェイクの

・室内空間の全長、全幅、高さ

・後部座席の広さ

・荷室、ラゲッジルームの広さ

に関して徹底比較評価していきます。

 

 

☆大人気!NBOXvsウェイク 「室内空間」関連記事!☆

⇒【中古車比較】NBOXvsウェイク5番勝負!購入すべきはどちらだ?

⇒NBOXvsタント全力で室内空間の広さを徹底比較!

⇒NBOXvsデイズルークス室内の広さを徹底比較!

⇒NBOXvsスペーシア室内の広さを徹底比較!

⇒ウェイクvsスペーシアの室内空間の広さを徹底比較!

⇒ウェイクvsデイズルークスの広さを徹底評価!

⇒ウェイクvsタントの室内空間の広さを徹底評価!

※新規タブで開きますので、時間が無い方は後日読んでみるのもお勧めです。

 

その1.室内空間の全長、全幅、高さはどちらが広いか?

 

NBOXとウェイクの2015年型の中古車の室内空間の広さを比較する上で、まず大事なことは、ウェイクは同じダイハツのタントをベースにしていますが、室内空間の広さを重視して作られたスーパーハイトクラスであるということです。

 

ウェイクの室内空間の広さは軽自動車では商用ワゴンを除いて最大級の広さを確保しているということをまずは、押さえておきましょう。

 

それでは実際にNBOXとウェイクはどのくらい室内空間の広さが違うのかを「室内長」「室内幅」「室内高」で比較評価してみましょう。

 

車名 室内長 室内幅 室内高
NBOX 2180 1350 1400
ウェイク 2215 1345 1455

※単位:mm
※カスタム含む

 

上記のようにNBOXとウェイクを比較すると

・全長:35mmウェイクの勝利

・全幅:5mmNBOXの勝利

・全高:55mmウェイクの勝利

となっておりますが、中でも目を引くのがウェイクの全高1455mmという高さです。

 

この高さは、軽自動車では商用ワゴンを除いては最も高く、普通車のミニバン(商用ワゴンを除く)と比較しても高くなっています。

 

実際に乗車した場合、55mmの高さの違いは、頭上の圧迫感が全く違ってきますので、主観的にはNBOXよりもかなり広く、くつろげる雰囲気がウェイクには出てきます。

 

全幅の5mmの違いは、ほぼ人間には感じられない差になっていますので、ウェイクの勝利となります。

 

まずは、全体の広さについて比較しましたが、次は後部座席の広さについて比較していきます。

 

 

その2.後部座席はどちらが広いか?

 

広い室内空間が魅力のNBOXとウェイクですが、軽自動車ということもありますので、後部座席に大人が乗った時には、ゆったりと座れるかも、室内空間の広さでは重要な項目になります。

 

ではNBOXとウェイクの後部座席のシートを最大限後ろに引いた時の後部座席の広さはどちらがあるのでしょうか?比較してみましょう。

・NBOX・・・109.5センチ(最大)

・ウェイク:112センチ(最大)

後部座席のスライドシートの機能の差になりますが、ウェイクの方が2.5センチ後部座席にはゆとりが持てる空間が確保されています。

 

2.5センチというと、あまり大差がないかと思いますが、指2本分ぐらいの違いになりますので、成人男性が足を組んだ時などにはかなり違いが出てくる差になります。

 

後部座席の広さはウェイクの勝利となります。

 

ただ、前席に小柄な方や女性が乗っている場合は、当然ですが後部座席の広さは広くなります。

 

その3.荷室、ラゲッジルームはどちらが広いか?

 

NBOX、ウェイクの場合、大きな荷物やサーフボードなど長い荷物を積めるかどうかということも中古車を購入するときには考えなければいけないことの一つです。

 

では、NBOXとウェイクを比較するとどのように差が出てくるのでしょうか?一覧で比較してみましょう。

車名 奥行1
(最大)
奥行2 高さ
NBOX 605 1430 880 1120
ウェイク 560 1450 875 1140

※単位mm
※奥行1:シートを倒さず、スライドシートを前方に最大限引いた場合
※奥行2:シートを倒した場合
※カスタム、ハイウェイスター含む

 

上記のように比較すると幅の5mmの差はあまり大きな違いとはなりませんが、実質上の違いでは、後部座席のシートを倒さない場合の45mmのNBOXの勝利以外はウェイクが勝っています。

 

ということで、荷室、ラッゲッジルームの広さはウェイクの勝利となります。

 

ウェイクの場合さらに驚くべきは、ラッゲッジルームが2段式のアンダートランクがついており、間仕切りを外すと、上記の1140mmの全高に更に320mm(4WDは115mm)プラスされ1460mmの高さになります。

 

ウェイクの場合、他のスーパーハイトクラスと設計思想、コンセプトが明らかに違い、広い室内空間に特化した車になっていますので、商用ワゴン以上の乗り心地を確保した最大級の広さを誇る軽自動車になります。

 

ですから、広さのみを追求したい方にはおススメの軽自動車になります。

 

ただ、ウェイクの場合2015年型の走行距離2~3万kmの上質な中古車価格は、NBOXカスタムとほぼ同じ、

・NBOX(ノンターボ):70万円台前半~

・NBOXカスタム(ノンターボ):80万円台後半~

・ウェイク(ノンターボ):80万円台後半~

・NBOX(ターボ):80万円台後半~

・NBOXカスタム(ターボ):90万円台後半~

・ウェイク(ターボ):90万円台前半~

上記の価格になりますので、価格面では中古車の中でも高い部類に入ります。

 

 

結論!中古車で購入するなら○○で決まりです!

 

今回は室内空間広さを中古車の購入を前提に2015年型のNBOXとウェイクで比較してきましたが、人気車種のNBOXといえども広さのみを追求したウェイクにはかないませんでした。

 

広いスーパーハイトクラスをお探しの方には、ウェイクは大人2人が車中泊もできるほどの広さなのでお勧めですが、「加速」「燃費」「中古車価格」「ブランドバリュー」といったことを総合的に考えると

2015年型のNBOXの中古車の方をお勧めいたします!

 

 

~軽自動車の新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたは一般中古車相場よりも最大67万円以上も安く購入できることもある、中古車、新古車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で簡単!超お買い得な非公開車両の検索はコチラ!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

 

関連記事

【中古車NBOXvsウェイク】

⇒【中古車比較】NBOXvsウェイク5番勝負!購入すべきはどちらだ?

⇒【中古車比較】室内空間3番勝負!NBOXvsウェイクの広さを徹底評価!

⇒【中古車比較】安全性3番勝負!NBOXvsウェイクの勝者はどちらだ?

⇒【中古車対決】新車は買うな!NBOXvsウェイクの加速と馬力を徹底比較!

⇒【中古車対決】新車は買うな!NBOXvsウェイクの燃費と実燃費を徹底比較!

【中古ライバル車比較】

⇒NBOXvsスペーシア購入すべきはどちらだ?

⇒NBOXvsデイズルークス購入すべきはどちらだ?

⇒スペーシアvsウェイク購入すべきはどちらだ?

⇒スペーシアvsデイズルークス購入すべきはどちらだ?

⇒タントvsNBOX購入すべき勝者はどちらだ?

⇒タントvsウェイク購入すべきはどちらだ?

⇒タントvsデイズルークス購入すべきはどちらだ?

⇒もくじはこちらです。