あなたは一般中古車相場よりも最大67万円以上も安く購入できることもある、中古車、新古車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で簡単!超お買い得な非公開車両の検索はコチラ!
※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

eKスペースの新車は絶対買うな!中古車を買うべき5つの理由とは?

 

eKスペースの新車と中古車の購入で悩まれている方の中には、

「燃費は新車の方が良いんでしょ!」

「加速や性能も新車の方が良いのでは?」

「下取りも考えると新車を購入しておいた方が良いのでは?」

などとお悩みになる方も多いかと思います。

 

今回は、eKスペース/カスタムの

・燃費

・維持費

・安全性

・加速

・新車販売価格、最大値引き

5つの点を解説しながら、新車よりも中古車の方がいかに「お得」かということについて解説していきます。

 

 

理由1.新車と中古車の燃費と実燃費は変らない!

 

 

eKスペースは2016年の「三菱自動車燃費不正問題」の対象車両であったために、2015年以前の中古車に関しては

「新車と比較すると燃費が悪いのではないか?」

という意見がネット上ではチラホラ見られます。

 

ですが、eKスペースは2014年の販売以来現在までエンジン自体には大幅な変更点はなく、燃費は新車と中古車の間ではほぼ変わりません。

 

燃費が中古車で変わるとすれば、走行距離が10万km以上の車両や、整備が全くされていない車両になりますので、後ほどご紹介する2015年型の走行距離2~3万kmの車両では全く問題が無いといっても過言ではありません。

 

では、eKスペースの実際の燃費、実燃費を検証すると以下のようになります。

・ノンターボ(FF):14.82~15.76km/L

・ノンターボ(4WD):10.66~11.23km/L

・ターボ(FF):14.14km/L

・ターボ(4WD):10.89km/L

※カスタム含む

 

実際の燃費、実燃費に関してはお住まいの地域によって数値は変わってきますが、平均値としましては、上記のようになります。

 

この数値は、スーパーハイトクラスではかなり悪い燃費になりますので、年間1万km以上乗るという方は、10万円以上のガソリン代は覚悟しておいた方が良いですね。

 

更に詳しい、燃費、実燃費、年間ガソリン代に関しては、下記の記事で詳しく解説しています。

参考

⇒デイズルークスの実燃費を考えると全力で中古車にすべき3つの理由!

 

 

理由2.新車と中古車の年間維持費が変らない!

 

 

普通車から維持費のかからない軽自動車の乗り換えるユーザーも最近は増えてきていますが、eKスペースの年間維持費については、新車、中古車に共通する大きな出費は

・税金

・ガソリン代

になります。

 

現在、eKスペースは「三菱自動車燃費不正問題」の対象車両になっていますので、残念ながら、各市町村に支払う「軽自動車税」には減税措置が行われておらず、車検時に支払う重量税に関しても、新車と2015年型の中古車は同じ金額になります。

 

その他詳しい年間維持費、税金等については下記の記事で詳しく解説しています。

参考

⇒新車は買うな!eKスペースの維持費から見る中古車にすべき3つの理由とは?

 

 

理由3.新車と中古車の安全性能はほぼ同じ

 

 

新車のeKスペースと2015年型の中古車の安全性能の違いは、実際にはあまりありません。

 

NBOXなどは、フルモデルチェンジしたおかげで、安全性能、予防安全機能については大幅に変更されましたが、eKスペースは2014年に販売を開始されたために、まだ年月が浅いということもあり、大幅な変更点はありません。

 

ですが、2015年型と比較した場合の新車の安全性機能の変更点の違いは、

・アラウンドビューモニター

のみになります。

 

また、各社「しのぎを削る」走行時自動ブレーキシステムに関しても、2015年型と現行型の新車は同じ速度

・5~30km/h

という低速時のみになっています。

 

やや、新車にしては時代遅れという風合いが出てきていますが、新車と中古車の詳しい安全性能

・予防安全性能

・エアバッグ機能

・その他の安全性

に関しては下記の記事で詳しく解説しています。

参考

⇒新車は買うな!eKスペースの安全性を考えるなら中古車にすべき3つの理由!

 

 

理由4.馬力と加速を考えたら、中古車の方が金銭的に100万円近くお得!

 

 

eKスペースのノンターボ車はスーパーハイトクラスでは最弱の馬力49psになっており、同じエンジンを使っている日産のデイズルークスと並び最弱のコンビになっています。

 

馬力はないが、スーパーハイトクラスの900kgを超える重たいボディーを操るために、家族を乗せる方、上り坂の多い地域にお住まいの方にはかなり力不足に感じてしまいます。

 

ですが、現在新車では、馬力のある64psのターボ車はeKスペース/カスタム共にハイエンドの価格帯になっています。

 

特に人気のあるeKスペースカスタムの場合、乗り出し価格が200万円を超えてしまいます。

 

2015年型のeKスペースにはカスタムにしかターボ車がありませんが、現在「三菱自動車燃費不正問題」の影響を受け、スーパーハイトクラスの中古車では、最安値の相場になっています。

 

人気のあるeKスペースカスタムターボでもNBOXやタントの相場よりも20万円ほど安くなっており、走行距離2~3万kmの2015年モデルでも

・80万円台前半~

という相場価格になっており、新車のターボ車よりも100万円以上価格は安くなっています。

 

燃費が悪いターボ車の中でも、スーパーハイトクラスでは燃費が特に悪いeKスペースの購入を考えるのでしたら、新車との価格差をガソリン代に回す方が賢明と考えます。

 

更に詳しい、eKスペースの加速と馬力に関しては下記の記事で詳しく解説しています。

参考

⇒新車は買うな!eKスペースの加速馬力から考える中古車にすべき3つの理由

 

 

理由5.新車の最大値引きを考えても中古車の方がお得!

 

 

eKスペースの新車の車両本体価格、オプションパーツからの値引き率は、NBOXやタントと比較するとかなり好調です。

 

の最大値引きはキャンペーン時には

・車両本体価格:20万円

・オプション:10万円(25万円以上購入した場合)

の値引きは可能になります。

 

ですが、先ほど加速と馬力の項目でお話ししたように、中古車の相場がかなり下落しているために、

「新車で購入して次の車検時に売却する」

とお考えでしたら、かなり買い叩かれることは覚悟しておかなければなりません。

 

次の項目で解説する、2015年型の中古車販売価格の相場の6割が買い取り相場が目安となります。

 

更に詳しいeKスペースの各グレードの価格、最大値引きに関しては下記の記事で詳しく解説しています。

参考

⇒新車は買うな!eKスペースの価格と最大値引きから考える中古車にすべき3つの理由とは?

 

 

【最重要】eKスペース/カスタムの2015年型中古車価格の相場とは?

 

以上のようにeKスペースの「燃費」「維持費」「安全性」「加速、馬力」「最大値引き」という5項目を検証してきました。

 

先ほどお話ししたように、燃費と加速、馬力といった項目は、スーパーハイトクラスの他のライバル車と比較すると、かなり悪いという事が理解できたかと思います。

 

そのうえ、新車のターボ車は価格が200万円近くするという、高額な価格帯に設定されています。

 

力のあるターボ車で、ガソリン代を新車との価格差で埋めることができれば、賢い買い物になるかと思いますので、eKスペースの2015年型中古車の走行距離2~3万kmの状態の良い車両の価格を確認しておきましょう。

【eKスペースターボ】

・eKスペース660 カスタム T ターボ/カーナビ/フルセグ/W電動ドア/HID

走行距離:2.9万km

価格:78.9万円

・eKスペース660 カスタム T ターボ/カーナビ

走行距離:2.2万km

価格:82.9万円

・ eKスペースカスタムTターボ・eアシスト ETC/ワンセグ/スマートキー

走行距離:2.4万km

価格:85.8万円

 

ノンターボ車は以下の通りです。

【eKスペース】

・eKスペース G eアシスト アイドリングストップ/カーナビ/スマートキー

走行距離:2.4万km

価格:52.8万円

・eKスペース E アイドリングストップ/カーナビ/ベンチシート/ABS両側スライドドア

走行距離:1.5万km

価格:60.2万円

・eKスペースカスタム T eアシスト 1オーナ/両側電動スライドドア/カーナビ/ETC

走行距離:2.8万km

価格:72.8万円

・ eKスペース カスタム G 両側電動スライドドア/カーナビ /フルセグ/ETC

走行距離:2.2万km

価格:74.9万円

 

2015年型の走行距離2~3万kmの相場をまとめると下記のようになります。

・eKスペース(ノンターボ):50万円台前半~

・eKスペースカスタム(ノンターボ):70万円台前半~

・eKスペースカスタム(ターボ車):80万円台前半~

 

全体的に他のライバル車の2015年型の相場と比較するとそれぞれ20万円程度相場は安くなっております。

 

また、先ほどお話ししたように、新車で購入して1回目の車検時に下取りに出す場合は上記の金額の6割程度になる場合も多くありますので、下取り目当てで新車を購入することはかなり危険になります。

 

 

結論!eKスペースを購入するなら○○で決まりです!

 

今回はeKスペースの新車と中古車の性能を比較してきましたが、基本性能は新車も2015年型の中古車もほぼ変わっていません。

 

力強いターボ車は乗り出し価格が200万円以上になることもありますので、eKスペースの中古車販売価格は、他のライバル車と比較しても極端に安くなっております。

更に新車の購入後の下取り価格も考えると、

ズバリ!2015年型のeKスペースの中古車を強くお勧めいたします!

 

 

~軽自動車の新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたは一般中古車相場よりも最大67万円以上も安く購入できることもある、中古車、新古車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で簡単!超お買い得な非公開車両の検索はコチラ!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!