あなたは一般中古車相場よりも最大67万円以上も安く購入できることもある、中古車、新古車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で簡単!超お買い得な非公開車両の検索はコチラ!
※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

【中古車比較】室内空間3番勝負!デイズルークスvs「eKスペース」の広さを徹底評価!

 

スーパーハイトクラスの軽自動車の購入を考えている方は、室内空間の広さで検討をする方も多いかと思います。

 

日産・三菱連合の共同開発である、姉妹車というべきデイズルークスとeKスペースと言えども、性能面ではほぼ同じですが、室内空間の広さは若干違ってきますので確認は必要です。

 

今回は中古車を購入するという前提で2015年型のデイズルークスとekスペースの室内空間の広さを

・室内空間の全長、全幅、高さ

・後部座席の広さ

・荷室、ラゲッジルームの広さ

で比較評価していきます。

 

 

【中古車比較】室内空間3番勝負!デイズルークスvs「eKスペース」の広さを徹底評価!

 

デイズルークス、eKスペースは、2016年の「三菱自動車燃費不正問題」を受け、人気が低迷中の車種になりますが、中古車市場では2015年モデルは他のライバル車よりも価格面では20万円程度相場が安くなっていますので、良質な車両も見つけやすくなっています。

 

また、「三菱自動車燃費不正問題」の陰に隠れていますが、スーパーハイトクラスでは室内空間の広さはトップクラスになっています。

 

それでは実際に室内空間の広さを比較していきましょう。

 

その1.室内空間の全長、全幅、高さはどちらが広いか?

 

ファミリーユースや、大きな荷物を積むことを前提にデイズルークス、eKスペースの中古車を購入することをお考えの方は、まずは、室内空間全体の広さをチェックする必要があります。

 

それでは実際の室内空間の広さを一覧で比較してみましょう。

車名 室内長 室内幅 室内高
デイズルークス 2235 1320 1400
eKスペース 2235 1320 1400

※単位:mm
※カスタム、ハイウェイスター含む

 

上記のようにデイズルークスとekスペースの室内空間の広さを比較すると、さすが姉妹車ということもあり、寸法は全く同じです。

 

ただ、全く同じといっても、実際はどれぐらい広いかということがわかりづらいと思います。

室内空間で見ると、室内高はウェイクに次ぐ軽自動車NO.2の高さ(商用ワゴンを除く)を誇っていますので、実際に乗った時の主観的な広さは相当なものです。

 

また、室内長2235mmという長さは、「タント」「NBOX」といった人気のスーパーハイトワゴンよりも長くなっています。

参考

⇒【中古車対決】タントvsNBOX全力で室内空間の広さを徹底比較!

 

室内空間の広さは、デイズルークス、eKスペース共に全く同じ寸法になっていますので、両車引き分けとさせていただきます。

 

 

その2.後部座席はどちらが広いか?

 

広い室内空間を誇るスーパーハイトクラスのデイズルークス、eKスペースでずが、後部座席に大人が乗車した場合でも、ゆったりとした空間が欲しいものです。

 

最近のスーパーハイトクラスの後部座席は、コンパクトカー以上にゆったりとした後部座席の広さを誇っています。

 

デイズルークスとeKスペースの後部座席の広さを前席の背もたれから、後部座席の背もたれ前方までの距離を計測すると下記のようになります。

・デイズルークス・・・113センチ(最大)

・eKスペース・・・113センチ(最大)

 

後部座席のスライドシートを全開に後ろへ引いた時の広さですが、スライドシートの機構自体が同一なために、広さも全く変わりません。

 

ということで、後部座席の広さはデイズルークス、eKスペース共に引き分けとさせていただきます。

 

ちなみにですが、デイズルークス、eKスペースの後部座席の広さは、「スペーシア」「タント」「ウェイク」「NBOX」よりも広くなっています。

 

 

その3.荷室、ラゲッジルームはどちらが広いか?

 

スーパーハイトクラスでは、荷室の広さや大きな荷物が積めるかどうかという理由で購入を検討する方も多くいます。

 

最近は26インチの自転車や幅180cmのカーペットやサーフボードが積めるということで、荷室や、後部座席を倒した時の広さをアピールしている車種も多くあります。

 

デイズルークスとeKスペースの場合はどうでしょうか、一覧で比較してみましょう。

車名 奥行1
(最大)
奥行2 高さ
デイズルークス 510 1320 950 1100
eKスペース 510 1320 960 1090

※単位mm
※奥行1:シートを倒さず、スライドシートを前方に最大限引いた場合
※奥行2:シートを倒した場合
※カスタム、ハイウェイスター含む

 

上記のように一覧で比較すると、デイズルークスとeKスペースの室内空間の違いがようやく出てきました。

・幅:10mm「eKスペース」の勝利

・高さ:10mmデイズルークスの勝利

というように、奥行は全く同じですが、幅と高さでは10mmずつの違いが出てきています。

 

それぞれ、10mmの違いが出てきていますので、荷室、ラゲッジルームの広さも引き分けとなります。

 

デイズルークスとeKスペースの荷室、ラゲッジルームの広さは、後部座席を倒した時の長さはNBOX、タントよりは短いですが、幅に関してはデイズルークス、eKスペースの方が広くなっています。

 

以上のようにデイズルークスとeKスペースの室内空間の広さを3番勝負で比較してきましたが、微妙な違いはあるものの両車引き分けという結果になりました。

 

さすが、姉妹車だけあり、室内空間の広さに変化をつけるというところまではいかないようですね。

 

ですが、デイズルークス、eKスペースは2015年型の中古車のスーパーハイトクラスの中では広い部類に入りますので、「三菱自動車燃費不正問題」にばかり目を奪われずに冷静な判断をしてほしいものです。

 

では、ここまでは引き分けという結果になりましたので、中古車購入時には一番重要な中古車販売価格の相場でデイズルークスとeKスペースを比較してみましょう。

 

【最重要】購入前に考える、デイズルークスとeKスペースの中古車販売価格の違いとは?

 

ここまではデイズルークスとeKスペースの室内空間の広さを比較してきましたが、荷室、ラッゲッジルームの広さでは多少違いが出てきましたが、ほぼ広さは変わらないということが理解できたと思います。

 

では、中古車を購入するという前提で、2015年型のデイズルークスとeKスペースの走行距離2万km~3万kmの上質な中古車の車両販売価格の相場をチェックしてみましょう。

【デイズルークス/eKスペース中古車相場】

・デイズルークス(ノンターボ):50万円台後半~

・eKスペース(ノンターボ):50万円台前半~

・デイズルークスハイウェイスター(ノンターボ):60万円台後半~

・eKスペースカスタム(ノンターボ):70万円台前半~

・デイズルークスハイウェイスター(ターボ):70万円台後半~

・eKスペース(ターボ車):80万円台前半~

 

上記のように、ノーマルのノンターボ車は50万円台と他のライバル車よりも20万円程相場は安くなっています。

 

デイズルークスとeKスペースの新車中古車に関わらず、家族を乗せる方には馬力不足の49psとなっていますので、通勤や買い物といった割りきった使い方をする方以外にはターボ車が必須となります。

 

そのターボ車はハイウェイスター、カスタムといった上位グレードのみにしか存在していませんが、相場では走行距離2~3万kmでも70万円台後半~販売されています。

 

コチラもNBOXのノーマルのターボ車、カスタムターボ車よりも相場では20万円ほど安くなっているところは魅力的です。

 

結論!中古車を購入するなら○○で決まりです!

 

今回はデイズルークスとeKスペースの室内空間の広さを比較してきましたが、3引き分けという結果になりました。

 

室内空間の広さは引き分けですが、2015年型の中古車を購入するときにはデイズルークスの方が燃費、安全性能、ターボ車の価格が安いといったことなどを総合的に判断すると、

ズバリ!2015年型デイズルークスの中古車の購入を全力でお勧めいたします!!

 

 

~軽自動車の新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたは一般中古車相場よりも最大67万円以上も安く購入できることもある、中古車、新古車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で簡単!超お買い得な非公開車両の検索はコチラ!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!