あなたは一般中古車相場よりも最大67万円以上も安く購入できることもある、中古車、新古車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で簡単!超お買い得な非公開車両の検索はコチラ!
※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

【中古車対決】タントvsNBOX全力で室内空間の広さを徹底比較!

 

ファミリーユースや大きな荷物を積める事でも人気の「スーパーハイトクラス」。

 

中でも年間販売台数1位と2位を争っているNBOXとタント。

 

「中古車の旧NBOXも広いの?」

「タントの中古車の方がNBOXの中古車よりも室内空間は広いの?」

といった中古車購入で疑問を持つあなたに、今回は、実際の室内空間の広さを

・室内空間の全長、全幅、高さ

・後部座席の広さ

・荷室、ラゲッジルームの広さ

の3つの広さについて、2014年型のタントとNBOXの中古車で徹底比較していきます。

 

☆大人気!NBOXvsタント 「室内空間」関連記事!☆

 

⇒【中古車対決】タントvsNBOX全力で購入すべき勝者はどちらだ?

⇒スペーシアvsデイズルークス室内空間の広を徹底比較!

⇒タントvsNBOX全力で室内空間の広さを徹底比較!

⇒スペーシアvsタント室内空間の広さを徹底比較!

⇒NBOXvsデイズルークス室内の広さを徹底比較!

⇒タントvsデイズルークスの室内空間の広さを徹底比較!

⇒タントvsウェイクの室内空間の広さを徹底評価!

※新規タブで開きますので、時間が無い方は後日読んでみるのもお勧めです。

 

その1.【中古車対決】タントvs旧NBOXの室内空間の全長、全幅、高さはどちらが広いか?

 

ファミリーユースでは人気のある「スーパーハイトクラス」。

 

両車とも発売以来室内空間の広さには定番がありますが、2014年型の旧NBOXとタントでは室内空間の広さはどちらが広いでしょうか?

 

実際に比較してみましょう。

 

車名 室内長 室内幅 室内高
 タント  2200mm  1350mm 1365mm
 NBOX  2180  1350 1400

※カスタムも同じ

 

実際に比較してみると、タントは室内の全長で2センチ長く、室内高ではNBOXの方が3.5センチ高くなっています。

 

「タントvs新型NBOXの室内空間の広さを全力で徹底比較!」の記事でも説明いたしましたが、NBOXの全高1400mmというと、「小学生5年生」の平均身長が、

男子・・・138.8cm

女子・・・140.2cm

となりますので、お子様が小学生のご家庭には3.5センチの高さの違いは、1学年違うほどの高さの違いになりますので、考慮に入れるところではあります。

 

両車を比較すると、全長の2センチの長いことよりも、高さが3.5センチ高いといということの方が、乗車している人にとっても、観的にも広く感じることができます。

 

そのことから考えても、

室内空間の広さではNBOXの勝利と言えます。

 

ただ、タントの場合は、左側後部はピラーレスになっていますので、乗降や、荷物の出し入れに関しては楽になります。

 

 

その2.【中古車対決】ダイハツタントvs旧NBOXの後部座席はどちらが広いか?

 

タント、NBOXはファミリーユースを目的で購入される方も多い軽自動車ですが、後部座席に大人が乗車する機会も多いかと思います。

 

大人が後部座席に乗車する場合は、少しでもゆとりのある前席との広さが欲しいものです。

 

では、後部座席の広さを比較してみましょう。

タント・・・112センチ(最大)

旧NBOX・・・109.5センチ(最大)

 

両車とも後部座席はスライドシートになっていますが、背もたれの付け根からの全長では、タントの方が2.5センチゆとりがあります。

 

2.5センチというと、殆ど変わらないと感じるかもしれませんが、大人の男性が後部座席に乗る場合は、感覚的にはかなり違う差になってきます。

 

後部座席の広さに関しては、タントの勝利と言えます。

 

 

その3.【中古車対決】ダイハツタントvs旧NBOXの荷室、ラゲッジルームはどちらが広いか?

 

最後はラゲッジルーム、荷室の広さを比較していきます。

 

こちらでは、「後部座席を倒した場合」と、「倒さない場合」での室内空間の広さを比較していきますが、荷物を多く積む方に、特に地方にお住まいで、ホームセンターなどで大きな荷物を購入する方には、特に重要な所です。

 

では比較していきましょう。

 

車名 奥行1 奥行2 高さ
タント 290 1400 870 1045
NBOX 350 1430 880 1120

※単位mm

※奥行1:シートを倒さない場合

※奥行2:シートを倒した場合

※カスタム含む

 

上記の様に荷室、ラゲッジルームを「奥行」「幅」「高さ」で比較したところ、

すべての面でNBOXの勝利になります。

 

特に荷室の高さが7.5センチ高いということは、荷物の出し入れや、背の高い荷物を積む上では重要になってきますね。

 

 

結論!室内空間の広さを考えると○○で決まりです!

 

以上の様に、今回は2014年型の中古車のタントとNBOXの室内空間の広さを比較してきました。

 

室内空間の全長と、後部座席の広さではタントの勝利ですが、荷室、高さではNBOXの勝利となります。

 

室内空間の広さで比較すると、NBOXの方が総合的な勝利と言えます。

 

ですが、2014年型のタントとNBOXを比較すると中古車価格で「ズバット車販売」では20万円以上の中古車価格の差が出てきてしまいますので、価格を考えると、タントの方がお勧めということができますので、私でしたらタントを選択するところです。

 

~軽自動車の新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたは一般中古車相場よりも最大67万円以上も安く購入できることもある、中古車、新古車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で簡単!超お買い得な非公開車両の検索はコチラ!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

 

関連記事

【タントvsNBOX】

⇒【中古車対決】タントvsNBOX全力で購入すべき勝者はどちらだ?

⇒【中古車対決】タントvsNBOX全力で室内空間の広さを徹底比較!

⇒【中古車対決】タントvsNBOX全力で燃費と実燃費を徹底比較!

⇒【中古車対決】タントvsNBOX全力で3つの安全性能を徹底比較!

⇒【中古車対決】タントvsNBOX中古車の加速と馬力を徹底比較!

【室内空間比較】

⇒【中古車対決】NBOXvsデイズルークス室内の広さを徹底比較!

⇒【中古車比較】タントvsデイズルークスの室内空間の広さを徹底比較!

⇒目次はコチラです