あなたは一般中古車相場よりも最大67万円以上も安く購入できることもある、中古車、新古車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で簡単!超お買い得な非公開車両の検索はコチラ!
※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

新型NBOXの加速と馬力を旧型と比較したら絶対に中古がオススメ!

 

2011年の発売以来販売台数100万台を突破した人気のホンダNBOX

 

2017年には新型が投入され、新たな進化を果たしています。

 

エンジンも旧来のS07A型エンジンからS07B型エンジンへと変更され、加速や馬力も期待されています。

 

今回は、そんな新型NBOXの加速と馬力が旧NBOXとどのように違うのかについて、比較しながら新車と中古車どちらを買うべきかについて検証していきましょう。

 

 

☆大人気!NBOX 「馬力」「加速」関連記事!☆

⇒【新旧比較】新型NBOXは買うな!中古車を買うべき5つの理由とは?

⇒ダイハツタントの加速と馬力から考える絶対に中古にすべき3つの理由

⇒スペーシアの加速馬力から考える中古車を買うべき3つの理由

⇒日産デイズルークスの加速と馬力を考えたら中古を買うべき3つの理由

⇒ウェイクの加速馬力から考える中古車にすべき3つの理由

※新規タブで開きますので、時間が無い方は後日読んでみるのもお勧めです。

 

新型NBOXと旧NBOXのデーター上の馬力とトルクの違いとは?

 

新型NBOXは、旧NBOXのS07A型エンジンからS07B型エンジンに代わり、ノンターボ車では「シビックタイプR」で有名な「VTEC」を軽自動車では初搭載。

ターボ車では「電動アクチュエーター」を初搭載しています。

 

更に、旧NBOXの重いと言われたボディーを計量化し、加速性能も期待されています。

 

まずは新型のエンジンに変わった新型NBOXのデータ上のスペックを見てみましょう。

【新型NBOX】

NBOX 最高出力 最大トルク
N-m(kgf-m)/rpm
ノンターボ
G/G-L/G-EX
58ps/7300rpm 65(6.6)/4800
ターボ
G-L/G-EX
64/6000 104(10.6)/2600

※honda.co.jpより抜粋

 

【旧NBOX】

旧NBOX 最高出力 最大トルク
N-m(kgf-m)/rpm
ノンターボ
N-BOX C/G/G・Lパッケージ
N-BOX Custom G/G・Lパッケージ
58PS/7,300rpm 65(6.6kgf・m)/4,700rpm
ターボ
N-BOX G・ターボLパッケージ
N-BOX Custom G・ターボLパッケージ
64/6000 104(10.6)/2600

 

驚くことに、新型NBOXと旧NBOXを比較したところ、最高出力、最大トルク共にエンジン性能は全く変わっていません。

 

一般的なノンターボの軽自動車の馬力は52psというところが殆どですが、6馬力ほどパワーがあり、そしてターボでは「タント」や「スペーシア」のライバル車のターボと同じ64PSになっています。

 

ですが、この馬力設定は、「タント」や「スペーシア」よりも重量で20kg~程重量があるための馬力設定とされています。

参考

⇒ダイハツタントvs新型NBOXを全力で加速と馬力を徹底比較!

 

データーから見ると、新型NBOXは、各グレードで10kg~60kg重量が軽くなっていますので加速性能はそれだけ優れています。

 

 

新型NBOXのエンジンは加速や馬力に貢献したのか?

 

新型NBOXは新型のエンジンS07Bに変更されたものの、残念ながらとくに大幅な変更点はありません。

 

ですが、一番の違いと言えば、旧型のS07A型エンジンからボアアンドストロークの比率が変り、省エネ様に改良された点です。

 

実際のスペックは

(ボア×ストローク)
64.0 × 68.2 → S07A
60.0 × 77.6 → S07B

 

とロングストローク化し、燃改善した点です。

 

馬力やトルク、加速の向上は軽自動車に乗っている方には待ち遠しいのですが、新型エンジンには燃費向上を目的としたエンジンの改良のみなのが残念な所です。

参考

⇒ホンダ新型NBOXの燃費と実燃費をデータから全グレード徹底検証!

 

 

新型NBOXの実際の走りからみる加速感は?

 

 

新型NBOXはエンジンの改良がされたものの、加速性能は旧来のままというスペック面でのデーターは物語っていますが、実際に運転してみるとどうでしょうか?

 

ノンターボは、旧来とほぼ変わらない加速性能ですが、実用回転域が向上したことが有りますが、まだまだ、坂道では、加速性能は悪いことが他の車種と比べると否めない点です。

 

これは、馬力はノンターボでもか本体重量が重いために、重量÷馬力のパワーウェイトレシオは、

ノンターボ(G)15.3kg/ps

ターボ(G-L)14.2kg/ps

と、一番軽いクラスでもワゴンRやスペーシアなどのノンターボと比べても悪い点が挙げられます。

 

ただ、NBOXに乗る方は、加速性能をあまり重要視しないスポーツ走行をしない方が多いと思いますので、特に心配はありませんが、ノンターボの場合は、坂道などになると、かなり厳しいということは、ユーザー間ではよく言われています。

 

新型のNBOXのターボ車は、回転域が従来のエンジンよりも広範囲にとられており、坂道での能力はそれほど問題は少なくなっていますが、旧NBOXと大幅に加速の違いが実感できるかというと、それほどの実感はできません

 

 

新型NBOXと旧NBOXの0-100km/hの加速タイムは?

 

 

0-100km/hの加速タイムは加速性能を見る上で、参考になることが多いと思いますが、運転の仕方などで多少は違ってきますので、おおよそのタイムと考えてください。

 

NBOXターボ・・・14秒中盤

NBOXノンターボ・・・15秒後半

 

という感じに1秒近く違ってきます。

 

このタイムは、新型、旧型のNBOX双方ともにほぼ変わらない数値になっています。

 

 

NBOXを購入するなら中古車で決まり!

 

ホンダの新型NBOXと旧NBOXの加速と馬力について見てきましたが、やはり車重が重い分、加速力は双方ともにノンターボではあまり期待できませんね。

 

ですが、ノンターボでも平地にお住まいの方が、普段の買い物や通勤に使う分では文句はない加速と馬力性能です。

 

ですが、家族4人乗ったり、荷物を運ぶ、上り坂の多い地域にお住まいの方などは、ノンターボではかなり馬力不足は否めません。

 

当然ターボと考えますが、ターボの新型NBOXは車両本体価格が旧NBOXから20万円以上値上がりし、

1番安いG・Lターボで1,695,600円

1番高いNBOXカスタムG・EX ターボで2,080,080円

となっています。

参考

⇒新型NBOXの価格と最大値引きを検証したら絶対中古車がお勧め!

 

そう考えると、現在新型NBOX投入で、中古車価格がやや下降気味の旧NBOXをお勧めいたします。

 

中でも

旧NBOXのハイエンドクラスのNBOXカスタムG-Lターボ4WDの中古車を強くお勧め致します!

 

現在、走行距離3万キロ程度の中古車でNBOXカスタムG-Lターボ4WDは100万円~販売していますので、コチラのタイプを中古車で購入して、馬力不足に悩む心配のないターボで安定した4WDを購入すると間違いが少ないかと思います。

 

旧NBOXも長く乗る方には安心のタイミングチェーンを採用していますので、10万キロを超えても、高価な交換費用が掛からなくて済むことも魅力的ですね。

 

~軽自動車の新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたは一般中古車相場よりも最大67万円以上も安く購入できることもある、中古車、新古車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で簡単!超お買い得な非公開車両の検索はコチラ!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

 

関連記事

【NBOX】

⇒【新旧比較】新型NBOXは買うな!中古車を買うべき5つの理由は?

⇒新型NBOXの価格と最大値引きを検証したら絶対中古車がお勧め!

⇒ホンダ新型NBOXの年間維持費を検証したら絶対中古車がお勧め!

⇒新型NBOXの安全性能を比較したら絶対中古がお勧めの理由とは?

⇒新型NBOXの燃費と実燃費を比較した結果、絶対に中古車がお勧め!

【馬力、加速】

⇒ダイハツタントの加速と馬力から考える絶対に中古にすべき3つの理由

⇒新車は買うな!スペーシアの加速馬力から考える中古車を買うべき3つの理由

⇒日産デイズルークスの加速と馬力を考えたら中古を買うべき3つの理由

⇒目次はこちらです