あなたは一般中古車相場よりも最大67万円以上も安く購入できることもある、中古車、新古車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で簡単!超お買い得な非公開車両の検索はコチラ!
※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

デイズルークスの維持費を考えても全力で中古車を買うべき3つの理由とは?

 

最近は軽自動車の中でも抜群の広い室内空間を誇る人気のスーパーハイトワゴン。

 

中でも、日産デイズルークスは、2017年デイズシリーズ全ての累計販売台数は、NBOX次いで2位という販売台数を誇っています。

 

今回は、そんな人気のデイズルークス、デイズルークスハイウェイスターの維持費を考えても、中古車がいかにお得かについての3つの理由を解説いたします。

 

☆大人気!デイズルークス 「維持費」関連記事!☆

⇒デイズルークスの新車は買うな!中古車を買うべき5つの理由とは?

⇒ダイハツタントの維持費を考えると絶対に中古車にすべき3つの理由!

⇒新型スペーシアは買うな!維持費から見る中古車にすべき3つの理由とは?

⇒ダイハツタントの維持費を考えると絶対に中古車にすべき3つの理由!

⇒【新旧比較】ホンダ新型NBOXの年間維持費を検証したら絶対中古車がお勧め!

⇒ウェイクの維持費から見る中古車にすべき3つの理由とは?

※新規タブで開きますので、時間が無い方は後日読んでみるのもお勧めです。

 

デイズルークス、デイズルークスハイウェイスターの維持費は新車と中古車は同じ3つの理由とは?

 

あなたは、新車のデイズルークス、デイズルークスハイウェイスターの維持費が中古車と同じというと、

「そんなバカな!」

と思うかもしれません。

 

しかしながら、デイズルークス、デイズルークスハイウェイスターに限っては、新車と中古車は維持費が実は同じなのです。

 

それでは実際に何故、新車と中古車の維持費が同じかということについて3つの理由を解説していきます。

 

理由1.軽自動車税が新車と中古車が同じ!

 

最近は燃費や排ガス規制が向上され、エコカー減税が適用される車種も増えてきていますが、残念ながらデイズルークス、デイズルークスハイウェイスターに関しては、日産のブランドで販売されていますが、制作は三菱自動車が作っています。

 

その為、2016年の「三菱自動車燃費不正問題」の対象車であったために、現在新車であってもエコカー減税対象外になっています。

 

その為、毎年各市町村に支払う軽自動車税は、新車と中古車は同じ減税なしの

10,800円

になります。

 

これは、ライバル車であるNBOXやタントと比べると、中古車、新車でも減免が無いことは厳しいですね。

参考

⇒ホンダ新型NBOXの年間維持費を検証したら絶対中古車がお勧め!

⇒ダイハツタントの維持費を考えると絶対に中古車にすべき3つの理由!

 

理由2.重量税が新車と中古車は同じ金額!?

 

先ほどお話ししましたが、現在デイズルークス、デイズルークスハイウェイスターに関しましては、「エコカー減税」適応外の車種となっています。

 

これは、残念ながら新車中古車とも同じです。

 

重量税は、車検時に支払う税金になりますが、新車、中古車とも同じ減免なしですが、経過措置中ということもあり、納付金額は、

7,500円

となります。

 

理由3.ガソリン代が新車と中古車は変わらない!?

 

中古車の場合、新車と違い、

「エンジンが古いので、燃費は落ちるのではないか?」

と考えてしまいがちです。

 

ですが、エンジン自体はデイズルークス、デイズルークスハイウェイスターは2014年の発売以来同じ「3B20」を使用しています。

 

その為、エンジンの改良は行っていませんので、中古車を選ぶときによっぽど整備の行き届いていない不良車や走行距離が多いものでない限りは、ほぼ変わりません。

 

ガソリン代、燃費は下記の記事で詳しく解説していますが、おおよそ

・ノンターボ(FF/4WD)85,091円/92,592円

・ターボ(FF/4WD)90,975円/105,932円

※年間1万km走行、ガソリン代125/Lで計算

という金額になります。

参考

⇒デイズルークスの実燃費を考えると全力で中古車にすべき3つの理由!

 

次に以上の3つを考慮したうえで、年間の維持費の合計金額について計算してみましょう。

 

 

デイズルークス、デイズルークスハイウェイスターの絶対にチェックすべき年間の維持費の合計金額とは?

 

以上の様に、デイズルークス、デイズルークスハイウェイスターの新車と中古車の年間維持費について解説してきましたが、

・「エコカー減税」がない

・エンジンが改良されていない

という2点から、新車と中古車の維持費の違いはありません。

 

ガソリン代は、現在乱高下していますので、125円/Lという価格には地方によってはほぼ無いと思いますが、参考として考えてください。

 

維持費名 内訳 年間の維持費
ガソリン代 レギュラー:125円/L
デイズルークス、デイズルークスハイウェイスター(FF)
平均実燃費:14.69km/L
85,091円
オイル交換代 3,000円×1回
4,000円(エレメント代含)×1回
7,000円
自動車税 659cc 10,800円
自動車保険 35歳 車両保険あり 42,950円
(年払)
12ヶ月点検 基本料金
(部品代含まず)
12,000円
タイヤ代 155/65R14
4本27,734円
3年毎に交換
9,244円
駐車場代 月々1万として 120,000円
維持費合計 287,085円

 

地方によっては、冬タイヤが必須の所もあり、駐車場代、12カ月点検で違いが出てくる方も多いかと思いますが、おおよそ、28万円~29万円台と考えておきましょう。

 

なお、デイズルークス、デイズルークスハイウェイスターに関しましては、タイミングチェーンを採用していますので、長く乗る方でも、10キロ時点の交換費用が掛からなくて済みます。

 

 

結論!やはり維持費を考えても中古車が絶対にお得!

 

今回は、デイズルークス、デイズルークスハイウェイスターの新車と中古車の維持費について解説してきました。

 

燃費で、多少違いがあるものの、新車と中古車では「エコカー減税」の適用外になっていますので、維持費に違いは出てきません。

 

更に言うと、デイズルークスの場合、ノンターボでは非力感が否めませんのでターボ車を私はお勧めしていますが、ターボ車の場合デイズルークスハイウェイスターのみの最上位クラスになっています。

 

その上、中古車の場合、NBOXやタントと比べ中古車市場価格が下降気味ですから、馬力のある装備面でも充実したデイズルークスハイウェイスターは「ズバット車販売」の非公開車両では2015年型の走行距離2万キロ程度でも60万円台から販売しています。

 

価格差は100万円以上違ってきますので、維持費を考えても絶対に中古車のデイズルークスハイウェイスターGターボがお勧めです!

 

~軽自動車の新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたは一般中古車相場よりも最大67万円以上も安く購入できることもある、中古車、新古車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で簡単!超お買い得な非公開車両の検索はコチラ!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

 

関連記事

【デイズルークス】

⇒デイズルークスの価格と最大値引きを考えると中古にすべき3つの理由

⇒デイズルークスの安全性を考えるなら中古車購入にすべき3つの理由!

⇒デイズルークスの実燃費を考えると全力で中古車にすべき3つの理由!

⇒日産デイズルークスの加速と馬力を考えたら中古を買うべき3つの理由

⇒【中古車比較】新車は買うな!NBOXvsデイズルークス購入すべきはどちらだ?

⇒【中古車比較】新車は買うな!タントvsデイズルークス購入すべきはどちらだ?

【維持費】

⇒ホンダ新型NBOXの年間維持費を検証したら絶対中古車がお勧め!

⇒ダイハツタントの維持費を考えると絶対に中古車にすべき3つの理由!

⇒目次はこちらです