あなたは一般中古車相場よりも最大67万円以上も安く購入できることもある、中古車、新古車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で簡単!超お買い得な非公開車両の検索はコチラ!
※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

【中古車対決】新車は買うな!NBOXvsデイズルークス3つの安全性能を比較!

 

最近は、ファミリーユースで使うことの多いスーパーハイトクラスのNBOXとデイズルークス。

 

中古車で購入する場合でも、大切な「あなたの家族」を守るためにも安全性は必要不可欠な機能となっています。

 

今回は、発売以来、常に軽自動車販売ランキング1位のNBOX、NBOXカスタムとライバル車である日産デイズルークス、デイズルークスハイウェイスターを中古車で購入する事を前提に、3つの安全性能について比較していきます。

 

☆大人気!NBOXvsデイズルークス 「安全性能」関連記事☆

 

⇒【中古車比較】新車は買うな!NBOXvsデイズルークス購入すべきはどちらだ?

⇒スペーシアvsタントの3つの安全性能を徹底比較!

⇒タントvsNBOX全力で3つの安全性能を徹底比較!

⇒タントvsデイズルークス3つの安全性を徹底比較!

⇒NBOXvsデイズルークス3つの安全性能を徹底比較!

⇒スペーシアvsデイズルークス3つの安全性能を徹底比較!

⇒タントvsウェイク3つの安全性能を徹底比較!

※新規タブで開きますので、時間が無い方は後日読んでみるのもお勧めです。

 

その1.【中古車対決】NBOXvsデイズルークスの予防安全性能を徹底比較!

 

2017年9月のフルモデルチェンジでNBOXは、先進の「HONDA SENSING」を軽自動車で初搭載しましたが、旧NBOXの安全性能は「あんしんパッケージ」車では、新型に引けを取らないほど充実しています。

 

また、日産デイズルークスに関しましては、2014年の発売以来、安全性能は2015年の4月23日には、それまで、オプションであった、安全性能が全車標準装備されました。

 

それでは実際の旧NBOXとデイズルークスの予防安全機能の違いについて、比較してみましょう。

 

予防安全性能 NBOX デイズルークス
 衝突警報機能(対車両)
衝突回避支援ブレーキ機能(対車両)
誤発進抑制制御機能(前方)
※自動ブレーキ機能なし
※出力抑制のみ
誤発進抑制制御機能(後方) × ×
先行車発進お知らせ機能 × ×
エマージェンシーストップシグナル
ヒルスタートアシスト機能
アラウンドビューモニター ×

 

上記のようにNBOXとデイズルークスの予防安全性能を比較すると、お年寄りや初心者ドライバーさんには安心の駐車時から発進する時の「誤発進抑制制御機能」に関しましては両車とも前方のみになっています。

 

デイズルークスの場合、「誤発進抑制制御機能」は、自動ブレーキ機能が搭載されておらず、エンジン抑制のみになっていますので、NBOXと比べると万が一の時の信頼性は低くなります。

 

ただ、「誤発進抑制制御機能」は、駐車場にはバックで停めることが多いために、タントの中古車のように後方にも機能が付いて欲しいところではあります。

参考

⇒【中古車対決】タントvsNBOX全力で3つの安全性能を徹底比較!

 

デイズルークスには「アラウンドビューモニター」という自分が運転している車の上空から360度俯瞰しているように映し出す機能が付いています(Sグレードは除く)ので、縦列駐車やバックで駐車することが苦手な方には安心できます。

 

以上のようにNBOXとデイズルークスの予防安全性能を比較すると、「誤発進抑制制御機能」がデイズルークスには付いていないものの、「アラウンドビューモニター」という安全性を視認できる機能が付いているので、デイズルークスの勝利と言えます。

参考

⇒新型NBOXの安全性能を比較したら絶対中古がお勧めの理由とは?

⇒デイズルークスの安全性を考えるなら中古車購入にすべき3つの理由!

 

では次に、ファミリーユースで使うことも多い、NBOXとデイズルークスのあなたと大切な家族を守るためのエアバッグについて比較していきましょう。

 

 

その2.【中古車対決】NBOXvsデイズルークスのエアバッグを徹底比較!

 

スーパーハイトクラスの場合、軽自動車であっても家族を乗せる機会が多い方には人気の車種です。

 

もし万が一の事故の時にあなたや大切な家族を守るために必要なのがエアバッグになります。

 

そして、お子様は後部座席に乗せる機会が多いと思いますが、横からの追突や転倒等によって、後部座席のお子様を守るエアバッグが、サイドカーテンエアバッグ

 

両側のドアにエアバッグがカーテン状に広がりますので、車外に投げ出されることや、窓やドアに激しく打ち付けられた時に安全性を確保する機能です。

 

このカーテンエアバッグ機能に関しましては、旧NBOXは2013年12月25日発売以降の「あんしんパッケージ」車には、前席後席対応のサイドカーテンエアバッグ搭載モデルが販売されています。

 

一方デイズルークスには、後部座席用のエアバッグが搭載されたモデル、オプションはありません。

 

前席に関しましては、デイズルークスは、前方、サイドエアバッグは標準装備されていますが、NBOXは、「あんしんパッケージ」のみ前席サイドエアバッグが装備されています。

 

以上のようにエアバッグでNBOXとデイズルークスを比較すると、後部座席の安全性という面から、NBOXの勝利と言えます。

 

 

その3.【中古車対決】NBOXvsデイズルークスの横滑り防止機能を徹底比較!

 

最近の軽自動車は、予防安全性能の向上から、横滑り防止機能が全グレード標準装備されているものが殆どになっています。

 

旧NBOXとデイズルークスはどうでしょうか?

 

名称はNBOXでは「VSA 」デイズルークスでは「VDC」という名称の違いはありますが、雨や雪の日の滑りやすい路面状況をキャッチし、車の挙動を安定させる機能は互角です。

 

更に、トラクションコントロールで、カーブや、障害物の回避時等で車が不安定になり横滑りがし難いように両車共に機能面では同じと考えてください。

 

横滑り防止機能に関しましては、両車引き分けになります。

 

以上の3つの項目で比較すると、1勝1敗1引き分けになりますが、中古車の購入で肝心なことは、価格になります。

 

次に安全性能搭載型のNBOXとデイズルークスの中古車価格を比較してみましょう。

 

 

【中古車対決】NBOXvsデイズルークスの安全機能装備車の中古車価格を比較

 

以上のようにNBOXとデイズルークスの安全性機能を比較してきました。

 

NBOX、デイズルークス共に1勝1敗1引き分けという結果になりました。

 

安全性能では、後部座席の安全性を確保したい方、駐車時に安全に停めたい方等によって、基準が違ってくると思います。

 

ですが、

あなたが中古車を購入する場合、一番気になることが中古車価格ですよね?

 

では、実際に中古車価格が一般の販売店よりも安いことで有名な「ズバット車販売」の未公開車両の中古車価格を比較してみましょう。

 

【NBOX(2014年型)】

・N-BOX 660 G SSパッケージ 両側電動スライドドア(あんしんパッケージ)

走行距離:2.3万km

価格:99.8万円

 

・N-BOX 660 G SSパッケージ 3年保証ナビ両側電動S( あんしんパッケージ)

走行距離:2.8万km

価格:104.8万円

 

・N-BOX 660 カスタムG SSパッケージ ギャザズナビ( あんしんパッケージ)

走行距離:2万km

価格:119万円

 

【デイズルークス(2015年型)】

デイズルークス 660 S /衝突軽減/Iストップ/キーレス/禁煙/アラウンドモニター

走行距離:2.1万km

価格:57.3万円

 

デイズルークス 660 S/衝突軽減/Iストップ/キーレス/フルセグ/カーナビ/アラウンドモニター

走行距離:2.3万km

価格:58万円

 

デイズルークス ハイウェイスター Xターボ/ETC/アラウンドビューモニター

走行距離:2.9万km

価格:64.8万円

 

デイズルークス ハイウェイスター Gターボ/ワンオーナー/両側パワースライド/アラウンドモニター

走行距離:2.3万km

価格:71.3万円

 

上記のようにNBOXの2014年モデルとデイズルークスの2015年モデルという年式の違う中古車でも40万円ほど価格差が違ってきます。

 

旧NBOXは新型が発売されても人気が落ちない為に、中古車価格は高値で維持されています。

 

そして、下記の記事でも紹介しましたように、NBOX、デイズルークス共にノンターボ車では馬力感、加速感がイマイチになってきますので、ターボ車がおすすめですが、ターボ車でもデイズルークスは約40万円安くなっています。

参考

⇒日産デイズルークスの加速と馬力を考えたら中古を買うべき3つの理由

 

 

結論!購入するのなら○○で決まりです!

 

今回は中古車を購入するという観点から、旧NBOXとデイズルークスの安全性を比較しました。

 

ファミリーユースでお子様を良く載せる方は、後部座席のサイドカーテンエアバッグがある方が安全性が確保されているので、安心できますが、問題は、「価格」と「安全性能」、「カッコよさ」のつり合いです。

 

私の結論では、見た目はNBOXカスタムですが、中古車価格と安全性の兼ね合いから、割安と思える、

旧NBOXよりも年式が新しいモデルでも40万円ほど中古車価格が安いデイズルークスを全力でお勧めいたします!

 

~軽自動車の新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたは一般中古車相場よりも最大67万円以上も安く購入できることもある、中古車、新古車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で簡単!超お買い得な非公開車両の検索はコチラ!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

 

関連記事

【NBOXvsデイズルークス】

⇒【中古車比較】新車は買うな!NBOXvsデイズルークス購入すべきはどちらだ?

⇒【中古車対決】新車は買うな!NBOXvsデイズルークス室内の広さを徹底比較!

⇒【中古車対決】新車は買うな!NBOXvsデイズルークス3つの安全性能を比較!

⇒【中古車対決】新車は買うな!NBOXvsデイズルークスの燃費と実燃費を徹底比較!

⇒【中古車対決】新車は買うな!NBOXvsデイズルークスの加速と馬力を徹底比較!

⇒【新旧比較】新型NBOXは買うな!中古車を買うべき5つの理由は?

⇒デイズルークスの新車は買うな!中古車を買うべき5つの理由とは?

【中古ライバル車比較】

⇒NBOXvsスペーシア購入すべきはどちらだ?

⇒NBOXvsデイズルークス購入すべきはどちらだ?

⇒スペーシアvsデイズルークス購入すべきはどちらだ?

⇒タントvsNBOX購入すべき勝者はどちらだ?

⇒タントvsウェイク購入すべきはどちらだ?

⇒タントvsデイズルークス購入すべきはどちらだ?

⇒もくじはこちらです。