あなたは一般中古車相場よりも最大67万円以上も安く購入できることもある、中古車、新古車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で簡単!超お買い得な非公開車両の検索はコチラ!
※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

新型スペーシアは買うな!価格と最大値引きを考えると中古車にすべき3つの理由

 

2017年12月14日にフルモデルチェンジを行い、現在激戦区である「スーパーハイトクラス」で年間販売台数1位のNBOXを猛追する勢いを見せる新型スペーシア。

 

フルモデルチェンジが行われた今こそ、中古車がお買い得です。

 

今回は中古車の購入を前提として、新型スペーシアの各グレードの車両価格、最大値引きについて解説しながら、旧スペーシアをお勧めする3つの理由について解説いたします。

 

☆大人気!スペーシア 「価格」「最大値引き」関連記事!☆

⇒【新旧比較】新車は買うな!スペーシアの中古車を買うべき5つの理由とは?

⇒新型NBOXの価格と最大値引きを検証したら絶対中古車がお勧め!

⇒タントの価格と最大値引きを考えると絶対に中古車にすべき3つの理由

⇒デイズルークスの価格と最大値引きを考えると中古にすべき3つの理由

⇒新車は買うな!ウェイクの価格最大値引きを考えると中古にすべき3つの理由とは?

※新規タブで開きますので、時間が無い方は後日読んでみるのもお勧めです。

 

理由1.新車の上位車種の車両本体価格は高い!

 

最近は軽自動車に限らず、フルモデルチェンジした場合は、「予防安全機能」などの追加による車両本体価格の上昇が見られますが、新型スペーシアの場合は車両本体価格は旧スペーシアの新車とほぼ同じに設定してありますが、64PSの馬力を誇るターボ車は、「スペーシアカスタムXS」1グレードのみのハイエンドクラスになっています。

 

それでは新型スペーシア/スペーシアカスタムの各グレードの車両本体価格と主な装備について確認しておきましょう。

 

新型スペーシア(ノンターボのみ)

グレード 車両本体価格
(消費税込み)
主な装備
G(2WD) 1,274,400円
1,333,800円※1
・ハロゲンヘッドランプ
・フルオートエアコン
[抗菌処理タイプ/エアフィルター付]
・誤発進抑制機能※2
・デュアルセンサーブレーキサポート※2
 (4WD) 1,395,360円
1,454,760円※1
上記に同じ
X(2WD) 1,409,400円
1,468,800円※1
・LEDヘッドランプ
・フルオートエアコン
[抗菌処理タイプ/エアフィルター付]
・スライドドアクローザー
・両側パワースライドドア
・誤発進抑制機能※2
・デュアルセンサーブレーキサポート※2
 (4WD) 1,530,360円
1,589,760円※1
上記に同じ

※1.衝突被害軽減ブレーキ装備車
※2.「衝突被害軽減ブレーキ装備車」のみの装備

 

新型スペーシアでは、「衝突被害軽減ブレーキ」の装備車と非装備車が販売されており、装備車の場合は先進の「予防安全機能」が各種導入されています。

 

通勤用や買い物のみというように割り切ったセカンドカーとしての使い方をする方には「予防安全機能」は不必要かもしれませんが、家族で使う場合は価格差が6万円程度ですから、「予防安全機能」搭載の「衝突被害軽減ブレーキ」の装備車は割安感があります。

 

その他の装備面で比較すると、スペーシアのGとXの価格差は約13万円、装備の最大の差は、後部座席のワンタッチ式の「両側パワースライドドア」を装備しているかどうかの違いになります。

 

価格帯も全グレード、タントとほぼ同じ車両価格を設定していますので、ライバルとして狙っている価格帯はタント、デイズルークスあたりになります。

参考

⇒タントの価格と最大値引きを考えると絶対に中古車にすべき3つの理由

 

ただ、後述しますが旧スペーシアのXでは、予防安全性能が充実していますので、新車の価格面でお悩みのようでしたら、中古車をお勧めいたします。

 

では次に上位モデル、ターボ車のあるスペーシアカスタムの価格と装備を見て行きましょう。

 

【スペーシアカスタム】

グレード 車両本体価格
(消費税込み)
主な装備
GS(2WD) 1,517,400円
1,576,800円※1
・LEDヘッドランプ
・フルオートエアコン
[抗菌処理タイプ/エアフィルター付]
・左側パワースライドドア
・スライドドアクローザー
・誤発進抑制機能※2
・デュアルセンサーブレーキサポート※2
 (4WD) 1,638,360円
1,697,760円※1
上記に同じ
XS(2WD) 1,630,800円
1,690,200円※1
・LEDヘッドランプ
・フルオートエアコン
[抗菌処理タイプ/エアフィルター付]
・両側パワースライドドア
・スライドドアクローザー
・誤発進抑制機能※2
・デュアルセンサーブレーキサポート※2
 (4WD) 1,751,760円
1,811,160円※1
上記に同じ
XSターボ(2WD) 1,728,000円
1,787,400円
・LEDヘッドランプ
・フルオートエアコン
[抗菌処理タイプ/エアフィルター付]
・両側パワースライドドア
・スライドドアクローザー
・サイドカーテンエアバッグ
・クルーズコントロールシステム
・誤発進抑制機能※2
・デュアルセンサーブレーキサポート※2
XSターボ(4WD) 1,848,960円
1,908,360円
 上記に同じ

※1.衝突被害軽減ブレーキ装備車
※2.「衝突被害軽減ブレーキ装備車」のみの装備

 

以上のようにスペーシアカスタムの車両本体価格と主要装備を見てみると、主要装備は外見こそ違うものの、スペーシアのGとXとほぼ変わらないことが分かります。

 

ですが、ファミリーユース、小さいお子様を乗せることが多い方には人気のターボ車に関しましては、サイドカーテンエアバッグが搭載されていますので、万が一の事故にも安心できます。

 

ただ、ターボ車は、デイズルークスと同様に上位車種になってしまいますので、車両価格は1,728,000円~になっており、乗り出し価格は200万円近くなってしまいますので、新型スペーシアカスタムのターボ車の購入をお考えでしたら、中古車の購入も視野に入れてみることをお勧めいたします。

参考

⇒デイズルークスの価格と最大値引きを考えると中古にすべき3つの理由

 

それでは次に新型スペーシア車両本体価格、オプションからの最大値引き額について解説していきます。

 

 

理由2.フルモデルチェンジ後なので車両本体の最大値引きはかなり渋い!

 

2017年12月にフルモデルチェンジを行ったスペーシアですが、フルモデルチェンジ直後ということで、値引はかなり渋くなっています。

 

車両本体価格からの最大値引きは10万円が目安になり、交渉能力、駆け引きのあまり上手ではない方は、5万円程度の値引きしかしてもらえないということが多くあります。

 

一方、オプションからの値引き率は25万円~30万円のオプションを付けた場合、最大で15万円ほどの値引を引き出したレアな事例もありますが、オプション総額20万円以下の場合や、駆け引きが苦手な方は凡そ20%ほどを目安とすると良いでしょう。

 

その様に最大値引きを出した場合、タントカスタムXSターボ(2WD)で計算すると

XSターボ(2WD)

車両本体価格: 1,787,400円-100,000円=1,687,400円

オプション:300,000円-150,000円=150,000円

合計1,837,400円(消費税込み)

 

上記の金額に「自動車取得税 」「自動車重量税 」「リサイクル委託金」「登録代行手数料 」・・・というように更に様々な費用が掛かり、それらの合計がおおよそ13万円になりますので、合計で200万円近くなってしまいます。

 

新車のおおよその車両本体価格と最大値引きを理解できたと思いますので、次に中古車価格を検証してみましょう。

 

 

理由3.旧スペーシアの中古車市場価格が急落している!

 

以上のように新車の車両価格と最大値引きを解説してきましたが、新型スペーシアは車両本体価格は、旧スペーシアの新車販売価格よりも大幅な値上げはしていませんが、フルモデルチェンジを行ったということもあり、旧スペーシアの中古市場は急落しています。

 

当然ですが、更に月日がたてば、旧スペーシアの中古車価格はかなり下落していきます。

 

それでは、2015年型の走行距離2~3万km程度の旧スペーシア/スペーシアカスタムの中古車販売価格を、他の中古車相場よりも安いことで有名な「ズバット車販売」で検証してみましょう。

参考

⇒ズバット車販売(公式)

 

【2015年型スペーシア】

スペーシア 660 G 純正ナビTVプッシュスタートAストップ

走行距離:2.2万km

価格:63.5万円

 

スペーシア 660 X リミテッド 自動ブレーキ 両電スラ iSTOP キセノン

走行距離:1.8万km

価格:68.8万円

 

スペーシア 660 カスタム Jスタイル フルセグ ETC

走行距離:2.7万km

価格:83.0万円

 

スペーシア 660 カスタム XSターボ 自動ブレーキ 両側電動スライドドア ETC

走行距離:3.3万km

価格:98.3万円

 

 

2015年の程度の良い走行距離2~3万kmの中古車でスペーシアは60万円台から販売しており、スペーシアカスタムは80万円台から販売しています。

 

新車との価格差は約半額となっています。

 

最近の中古車は、燃費や故障などの心配することは、よほど走行距離の多いものや、整備の行き届いていない車両に限ったことですから、上記の走行距離の車両はほぼ心配ないと言ってよいでしょう。

 

更にスペーシアの場合は、「タイミングチェーン」を採用していますので、10万km時の交換もなく、リチウムイオン電池のメーカ保証期間は10万kmとなっていますので、異常が出てきた場合はスズキ販売店で見てもらうことができます。

 

また、リチウムイオン電池が壊れても、走行は可能になっています。

 

 

結論!スペーシアを購入するなら中古車で決まりです!

 

今回は新型スペーシア/スペーシアカスタムの車両本体価格と最大値引きを検証しながら、中古車がお勧めな理由について解説してきました。

 

スペーシアは、ハイブリッドシステム搭載車両ですから、低速時はモーターアシストが付き、加速力はノンターボでも特に不満の無い走りになります。

 

ですが、力強いターボ車は上位クラスのみとなっていますので、人数を乗せる方、坂道の多い場所にお住いの方は、中古車での購入を検討すると車両本体価格でかなりの金額の違いになってきます。

 

以上のようなことから、

スペーシアを購入するなら全力で中古車をお勧めいたします!

 

~軽自動車の新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたは一般中古車相場よりも最大67万円以上も安く購入できることもある、中古車、新古車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で簡単!超お買い得な非公開車両の検索はコチラ!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

 

関連記事

 

【スペーシア】

⇒【新旧比較】新車は買うな!スペーシアの中古車を買うべき5つの理由とは?

⇒新型スペーシアは買うな!維持費から見る中古車にすべき3つの理由とは?

⇒新型スペーシアは買うな!安全性を考えるなら中古車にすべき3つの理由!

⇒新型は買うな!スペーシアの燃費実燃費から考える中古車を買うべき3つの理由

⇒新車は買うな!スペーシアの加速馬力から考える中古車を買うべき3つの理由

【価格、最大値引き】

⇒新型NBOXの価格と最大値引きを検証したら絶対中古車がお勧め!

⇒タントの価格と最大値引きを考えると絶対に中古車にすべき3つの理由

⇒デイズルークスの価格と最大値引きを考えると中古にすべき3つの理由

⇒もくじはこちらです