あなたは一般中古車相場よりも最大67万円以上も安く購入できることもある、中古車、新古車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で簡単!超お買い得な非公開車両の検索はコチラ!
※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

新車は買うな!ウェイクの加速馬力から考える中古車にすべき3つの理由

 

レジャーで活躍することをコンセプトに開発されたダイハツウェイク。

 

家族を乗せたり、荷物を多く載せることにも活躍できるスーパーハイトクラスです。

 

今回は中古車を購入するという前提でダイハツウェイクの加速と馬力を3つの視点から解説し、新車の購入よりも中古車の方がお得である理由を解説していきます。

 

 

☆大人気!ウェイク 「加速」「馬力」関連記事!☆

⇒ウェイクの新車は絶対買うな!中古車を買うべき5つの理由とは?

⇒新型スペーシアは買うな!加速馬力から考える中古車にすべき3つの理由

⇒ダイハツタントの加速と馬力から考える絶対に中古にすべき3つの理由

⇒新型NBOXの加速と馬力を旧型と比較したら絶対に中古がオススメ!

⇒日産デイズルークスの加速と馬力を考えたら中古を買うべき3つの理由

※新規タブで開きますので、時間が無い方は後日読んでみるのもお勧めです。

 

理由1.発売以来、エンジンが全く変わっていない!

 

2014年11月10日にダイハツが満を持して販売を開始したダイハツ「ウェイク」。

 

現行型の新車とエンジン自体は全く変わっておらず、加速や馬力に関しては、中古車と同じです。

 

今回は2015年モデルを中心に比較していきますが、まずはエンジンスペックの馬力とトルクを検証してみましょう。

 

グレード 最大出力 最大トルク
ウェイク
L/D
38kw(52ps) / 6,800rpm 60 N・m(6.1kgf・m)/5,200rpm
ウェイク
X/Gターボ
47(64) / 6,400 92 (9.4)/ 3,200

 

エンジンの性能自体は、タントと同じ「KF-VE型 」を使用しているため、タントエンジンのスペック自体は変わりません。

参考

⇒ダイハツタントの加速と馬力から考える絶対に中古にすべき3つの理由

 

馬力とトルク自体は、ウェイクのライバル車である他のスーパーハイトクラスとほぼ同じスペックに設定していますが、実際の走りに関係する車重が他のライバル車と比べると、重くなっているために、実際の馬力感や加速感はやや不満が残る感じになってしまいます。

 

それでは次にウェイクの実際の馬力感、加速感について検証してみましょう。

 

 

理由2.発売以来、実際の馬力感、加速感が全く変わっていない!

 

前項でもお話したように、ウェイクは2014年の発売以来エンジンの性能は全く変わっておりません。

 

その為、中古車で購入する場合は、よほどエンジンの整備が悪いものや走行距離が多すぎる車両以外ではほぼ同じと考えてください。

 

そこで、実際の加速感、馬力感は、他のスーパーハイトクラスの「スペーシア」「タント」というモデルと比べるとやや悪いということが印象です。

 

それは、車重が他のライバル車よりも重いことが原因になっています。

 

ウェイクの車重を見ると、

グレード 車重
D(2WD) 990kg
L(2WD) 1,000
Gターボ(2WD) 1,020
L(4WD) 1,040
Gターボ(4WD) 1,060

 

というように、「D」以外は全て1000kgを超える重量となっています。

 

これは、スーパーハイトクラスのライバル車「スペーシア」と比較すると100kg以上車重が重くなっていますので、加速感はやや悪いことが理解できるかと思います。

参考

⇒新型スペーシアは買うな!加速馬力から考える中古車にすべき3つの理由

 

タントと比較してもノンターボでは、スタート時の加速感はややストレスが感じられるものとなっていますので、家族を乗せる方などはターボ車が必須になってきます。

 

ただ、車重が重いということは燃費に直結してきますので、ターボ車は更に燃費が悪くなることは覚悟しておく必要があります。

 

 

理由3.加速と馬力の良いターボ車の新車価格が高い

 

コンパクトカー並みの1000kg以上の重い車重になっているウェイクは、加速力が乏しく、人数を乗せる方、加速力が欲しい方には、ターボ車が必須となってきますが、新車のターボ車の価格が高いことがネックになっています。

 

新車のターボ車の価格は

グレード 新車販売価格
(消費税込み)
 Gターボ “SA Ⅲ”
(FF)
 1,674,000円
 Gターボ “SA Ⅲ”
(4WD)
 1,798,200
 Gターボ(FF)
“レジャーエディション SA Ⅲ”
 1,717,200
Gターボ(4WD)
“レジャーエディション SA Ⅲ”
 1,841,400

 

というように車両価格は高めに設定しており、オプシャンを含めた乗り出し価格は200万円~近くなってしまいます。

 

一方、ターボ車の中古車価格は、NBOXやタントと比較すると若干安い価格帯になっています。

 

走行距離2~3万kmの程度の良い2015年型ウェイクの「ターボ車」の中古車販売価格を一般相場よりも安いことで有名な「ズバット車販売」での価格は以下のようになります。

参考

⇒ズバット車販売(公式)

 

ウェイク X ターボ カーナビ/バックカメラ LED /ETC

走行距離:2.8万km

価格:92.2万円

 

ウェイク G SA ターボ カーナビ/両側電動スライドドア/ワンセグ/ETC

走行距離:2.2万km

価格:94.8万円

 

ウェイク  X ターボ 禁煙/両側電動スライドドア/カーナビ/ETC

走行距離:1.8万km

価格:98.8万円

 

おおよそ程度の良いウェイクのターボ車の中古車販売価格は90万円台前半~になってきており、比較的スーパーハイトクラスのターボ車としては安めの相場になっています。

 

新車にこだわりのない方には、2~3万km程度の走行距離の中古車は程度が良いものも多く、かなりお勧めの価格帯になっています。

 

 

結論!ウェイクを購入するなら○○で決まりです!

 

今回はダイハツウェイクの加速と馬力を検証しながら中古車がお勧めという理由を解説してきました。

 

やはり、ウェイクの場合クラス最下位の車重の重さがあり、加速感と馬力感は正直悪いという結論になります。

 

そのため、加速と馬力を必要な方はやはりターボ車になりますが、新車のターボ車はハイエンドのグレードのみになっていますので、新車という言葉にこだわりのない方には、

ズバリ!中古車のウェイクのターボ車をお勧めいたします!

 

 

~軽自動車の新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたは一般中古車相場よりも最大67万円以上も安く購入できることもある、中古車、新古車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で簡単!超お買い得な非公開車両の検索はコチラ!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

 

関連記事

【ウェイク】

⇒ウェイクの新車は絶対買うな!中古車を買うべき5つの理由とは?

⇒ウェイクの維持費から見る中古車にすべき3つの理由とは?

⇒ウェイクの価格最大値引きを考えると中古にすべき3つの理由とは?

⇒ウェイクの安全性を考えるなら中古車にすべき3つの理由!

⇒ウェイクの燃費実燃費から考える中古車にすべき3つの理由とは?

【ライバル車】

⇒【新旧比較】新型NBOXは買うな!中古車を買うべき5つの理由は?

⇒ダイハツタントの新車は買うな!中古車を買うべき5つの理由とは?

⇒デイズルークスの新車は買うな!中古車を買うべき5つの理由とは?

⇒新型スペーシアは買うな!中古車を買うべき5つの理由とは?

⇒もくじはこちらです