あなたは一般中古車相場よりも最大67万円以上も安く購入できることもある、中古車、新古車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で簡単!超お買い得な非公開車両の検索はコチラ!
※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

新車は買うな!ウェイクの価格最大値引きを考えると中古にすべき3つの理由とは?

 

最近は軽自動車、中でもスーパーハイトクラスの新車はコンパクトカー並みに車両価格が上がってきています。

 

新車のダイハツウェイクに関してもハイエンドグレードは乗り出し価格は200万円を超えてしまう場合があります。

 

今回は、車両本体価格が高騰する中、ウェイクの新車の車両本体価格と最大値引きを考えながら、2015年型の中古車の購入すべき3つの理由について解説いたします。

 

 

☆大人気!ウェイク 「価格」「最大値引き」関連記事!☆
⇒ウェイクの新車は絶対買うな!中古車を買うべき5つの理由とは?

⇒新型スペーシアは買うな!維持費から見る中古車にすべき3つの理由とは?

⇒タントの価格と最大値引きを考えると絶対に中古車にすべき3つの理由

⇒新型NBOXの価格と最大値引きを検証したら絶対中古車がお勧め!

⇒デイズルークスの価格と最大値引きを考えると中古にすべき3つの理由

※新規タブで開きますので、時間が無い方は後日読んでみるのもお勧めです。

 

理由1.馬力のあるターボ車の新車価格が高い!

 

以前、下記のウェイクの馬力と加速の記事で解説したように、ウェイクは比較的車重の重いスーパーハイトクラスの中でもさらに重い1000kgを超える車重になっているため、家族を乗せる場合には、加速や馬力感はかなりストレスを感じてしまいます。

参考

⇒新車は買うな!ウェイクの加速馬力から考える中古車にすべき3つの理由

 

そのため、ターボ車が必須になりますが、ウェイクの場合ターボ車はハイエンドのグレードになっており、乗り出し価格は200万円を超えてしまう場合があります。

 

馬力のあるターボ車は高いということを踏まえながら、ウェイクの新車の各グレードの車両本体価格を検証してみましょう。

 

グレード 車両本体価格
(消費税込み)
主な装備
 D(FF)  1,350,000円  ・ハロゲンヘッドランプ
・マニュアルエアコン
・電動式ドアミラー
・手動スライドドア
・キーレスエントリー
・デッキボード(固定フック付)
 D “SA Ⅲ”(FF)  1,414,800円  上記に同じ
 L “SA Ⅲ”(FF)  1,555,200円  ・ハロゲンヘッドランプ
・オートエアコン
・電動式ドアミラー
(キーフリー連動)
・電動スライドドア
・キーフリーシステム
・プッシュボタンスタート
・デッキボード(固定フック付)
  L “SA Ⅲ”(4WD)  1,679,400円 ・ハロゲンヘッドランプ
・オートエアコン
・運転席シートヒーター
・リヤヒーターダクト
・電動式ドアミラー
(キーフリー連動)
・電動スライドドア
・キーフリーシステム
・プッシュボタンスタート
・デッキボード(固定フック付)
 L (FF)
“レジャーエディション SA Ⅲ”
 1,598,400円 ・ハロゲンヘッドランプ
・オートエアコン
・電動式ドアミラー
(キーフリー連動)
・電動スライドドア
・キーフリーシステム
・プッシュボタンスタート
・上下2段調節式デッキボード
(固定フック付)
・イージーケアフロア
(座席側/荷室側)
・ユーティリティフック
・荷室床面フック
・固定ベルト
 L(4WD)
“レジャーエディション SA Ⅲ”
 1,722,600円 ・ハロゲンヘッドランプ
・オートエアコン
・運転席シートヒーター
・リヤヒーターダクト
・電動式ドアミラー
オート格納式ヒーテッド
(キーフリー連動)
・電動スライドドア
・キーフリーシステム
・プッシュボタンスタート
・上下2段調節式デッキボード
(固定フック付)
・イージーケアフロア
(座席側/荷室側)
・ユーティリティフック
・荷室床面フック
・固定ベルト
 Gターボ “SA Ⅲ”(FF) 1,674,000円  ・LEDヘッドランプ
・自発光式大型3眼センターメーター
(タコメーター付)
・オートエアコン
・電動式ドアミラー
(キーフリー連動)
・電動スライドドア
・キーフリーシステム
・プッシュボタンスタート
・上下2段調節式デッキボード
(固定フック付)
  Gターボ “SA Ⅲ”(4WD)  1,798,200円 ・LEDヘッドランプ
・自発光式大型3眼センターメーター
(タコメーター付)
・オートエアコン
・運転席シートヒーター
・リヤヒーターダクト
・電動式ドアミラー
オート格納式ヒーテッド
(キーフリー連動)
・電動スライドドア
・キーフリーシステム
・プッシュボタンスタート
・上下2段調節式デッキボード
(固定フック付)
 Gターボ (FF)
“レジャーエディション SA Ⅲ”
 1,717,200円  ・LEDヘッドランプ
・自発光式大型3眼センターメーター
(タコメーター付)
・オートエアコン
・電動式ドアミラー
(キーフリー連動)
・電動スライドドア
・キーフリーシステム
・プッシュボタンスタート
・イージーケアフロア
(座席側/荷室側)
・上下2段調節式デッキボード
(固定フック付)
・ユーティリティフック
・荷室床面フック
・固定ベルト
 Gターボ (4WD)
“レジャーエディション SA Ⅲ”
 1,841,400円  ・LEDヘッドランプ
・自発光式大型3眼センターメーター
(タコメーター付)
・オートエアコン
・運転席シートヒーター
・リヤヒーターダクト
・電動式ドアミラー
オート格納式ヒーテッド
(キーフリー連動)
・電動スライドドア
・キーフリーシステム
・プッシュボタンスタート
・上下2段調節式デッキボード
(固定フック付)
・ユーティリティフック
・荷室床面フック
・固定ベルト

※DはSAⅢ無し

 

上記のように検証すると、2WDと4WDの間では、4WDがやや寒冷地に適したヒーテッドドアミラーが装備されており、結露による視界不良からも見やすくなっています。

 

また、レジャーエディションは荷室が2段式になっていますので荷物を入れても、さらに空間の余裕が出るように設定されています。

 

ただ、やはり馬力のあるターボ車は装備面では充実はしていますが、車両価格が一番安いグレードでも167万円となっていますので、次の項で詳しく説明いたしますが、オプションや諸経費を含めると190万円近くなってしまいます。

 

それでは、各グレードの車両本体価格を踏まえたうえで、実際の車両本体価格からの最大値引き、オプションからの値引きについて検証しましょう。

 

 

理由2.車両本体の値引き率はやや好調だが、オプションは必要なものが少ない!

 

新車を購入する場合の値引きに使われるものが、車両本体価格からの値引きとオプションからの値引きがあります。

 

ダイハツウェイクは他のスーパーハイトクラスと最大値引きを比較すると

車両本体価格:10~13万円引き

オプション:20~30%引き

という金額が最大値引き率になります。

 

これは、人気車種のNBOX、タントと比べると、倍以上の値引きが車両本体価格から引き出せますが、オプションに関しては、他のスーパーハイトクラスと同様に約20万円以上購入した場合に適用されるケースがほとんどです。

参考

⇒新型NBOXの価格と最大値引きを検証したら絶対中古車がお勧め!

⇒タントの燃費と実燃費が気になるなら絶対に中古車にすべき3つの理由

 

ですが、オプションで20万円以上の購入するには、ハイエンドカーナビ、ドライブレコーダーを入れるとこの金額になりますが、カーナビもスマホで十分の時代ですから、オプションの20万円を購入するにはかなり難しい金額になります。

 

更にウェイクはアウトドアをコンセプトにした車ですから、アウトドア用のオプションや荷物をホールドするような装備も充実していますが、メーカーオプションよりもアウトドアショップで購入したほうが機能面、価格で充実したものが手に入ります。

 

それら上記のことを踏まえた上で「Gターボ “SA Ⅲ”(FF)」の乗り出し価格を最大値引きで計算すると、

車両本体価格:1,547,400円(1,674,000円-13万円)

オプション:140,000円(200,000円-30%

諸経費:134,710円(自動車保険を除く)

合計:1,822,110円

というように、最大値引きで頑張れたとして上記の金額になり、自動車保険を含めると190万円近くなることもあります。

 

車両本体価格もオプションを全く購入しない場合は値引き率はやや渋くなる傾向がありますので、注意が必要になってきます。

 

また、当然ですが、上記の最大値引きの金額は、交渉に慣れた方が決算時期にうまく値引きできた場合になりますので、交渉下手の方は、5万円程度になる可能性も十分にあります。

 

では、新車の車両本体価格と最大値引きがを踏まえたうえで、次に中古車販売価格を検証してみましょう。

 

 

理由3.走行距離2~3万kmの中古車販売価格は新車よりも100万円近く安い!

 

以上のように新車のウェイクの各グレードの車両本体価格と最大値引きを検証してきましたが、その重たい車重から、価格の高いターボ車が必須になってきます。

 

ターボ車は、一番安いグレードでも1,674,000円となっており、値引き率はNBOXやタントと比較するとやや良好ですが、乗り出し価格は、最大値引きを引き出せても180~190万円と高額になってしまいます。

 

ですが、ウェイクの中古車の場合は、2015年型の走行距離2~3万kmの程度の良い中古車では、価格は90万円台からになっています。

 

では、ターボ車を含めウェイクの2015年型を一般よりも中古車相場が安いことで有名な「ズバット車販売」で車両価格を検証してみましょう。

参考

⇒ズバット車販売(公式)

 

ウェイク D SA   LEDヘッド/ワンオーナー/禁煙/カーナビ/ETC

走行距離:2.3万km

価格:86.5万円

 

ウェイク L SA メモリーナビTV/電動スライドドア/LEDライト/カーナビ/ワンセグ/ETC

走行距離:2.5万km

価格:87.8万円

 

ウェイク X ターボ カーナビ/バックカメラ LED /ETC

走行距離:2.8万km

価格:92.2万円

 

ウェイク G SA ターボ カーナビ/両側電動スライドドア/ワンセグ/ETC

走行距離:2.2万km

価格:94.8万円

 

ウェイク  X ターボ 禁煙/両側電動スライドドア/カーナビ/ETC

走行距離:1.8万km

価格:98.8万円

 

上記のように走行距離2~3万kmの中古車では

・ノンターボ車:80万円台後半~

・ターボ車:90万円台前半~

という金額が相場になっています。

 

さらに、カーナビなどのオプションが装備されている車両を見つけることができれば、お得感が増す結果になります。

 

 

結論!ウェイクを購入するなら○○で決まりです!

 

今回は、ダイハツウェイクの新車の車両価格と最大値引きを検証してきましたが、他のライバル車同様にターボ車は、価格が高くなっています。

 

最大値引きは、他のライバル車と比較すると、若干割引率が好調という結果になりますが、ウェイクの最大の短所は車重が重いということです。

 

そのため、ターボ車が必須になってきますが、下記の記事でも解説したようにターボ車は燃費が悪くなってきてしまいます。

参考

⇒新車は買うな!ウェイクの燃費実燃費から考える中古車にすべき3つの理由とは?

 

ですから、現在の高止まりしているガソリン代を考えても、新車と中古車の差額分をガソリン代に回すことが賢い選択になります。

 

ということで、

ズバリ2015年式の中古車のウェイクの購入をお勧めいたします!

 

~軽自動車の新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたは一般中古車相場よりも最大67万円以上も安く購入できることもある、中古車、新古車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で簡単!超お買い得な非公開車両の検索はコチラ!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

 

関連記事

【ウェイク】

⇒ウェイクの新車は絶対買うな!中古車を買うべき5つの理由とは?

⇒ウェイクの維持費から見る中古車にすべき3つの理由とは?

⇒ウェイクの安全性を考えるなら中古車にすべき3つの理由!

⇒ウェイクの燃費実燃費から考える中古車にすべき3つの理由とは?

⇒ウェイクの加速馬力から考える中古車にすべき3つの理由

【ライバル車】

⇒【新旧比較】新型NBOXは買うな!中古車を買うべき5つの理由は?

⇒ダイハツタントの新車は買うな!中古車を買うべき5つの理由とは?

⇒デイズルークスの新車は買うな!中古車を買うべき5つの理由とは?

⇒新型スペーシアは買うな!中古車を買うべき5つの理由とは?

⇒もくじはこちらです