あなたは一般中古車相場よりも最大67万円以上も安く購入できることもある、中古車、新古車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で簡単!超お買い得な非公開車両の検索はコチラ!
※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

ウェイクの新車は絶対買うな!中古車を買うべき5つの理由とは?

 

「ウェイクの新車の方が燃費が良いんでしょ。」

「ウェイクの中古車で程度の良い車両は高いんでしょ。」

「ウェイクの新車と中古車って違いがあるの?」

もしあなたが、ダイハツウェイクの新車と中古車で購入を悩んでいるのでしたら、とりあえず新車の購入は見送ってください。

 

今回はウェイクの新車と中古車を比較しながら、いかに中古車の購入がおすすめかを

・燃費

・維持費

・安全性

・加速

・新車販売価格、最大値引き

という5つの視点から解説していきます。

 

 

☆大人気!スーパーハイトクラス関連記事☆

⇒ダイハツタントの中古車を買うべき5つの理由とは?

⇒【新旧比較】新型NBOXは買うな!中古車を買うべき5つの理由は?

⇒デイズルークスの中古車を買うべき5つの理由とは?

⇒【新旧比較】新型スペーシアは買うな!中古車を買うべき5つの理由とは?

 

理由1.新車と中古車の燃費と実燃費は変らない!

 

 

新車と中古車で燃費を比較するとき、新車の方が燃費が良いと言われることはよくある事ですが、現在販売されているウェイクは2014年11月に販売が開始されて以来、エンジン自体の変更は行っていません。

 

中古車の方が燃費が悪いとすれば、それはハズレの車、つまり走行距離が12万km、15万km以上とかなりエンジンに負担があるものや、整備がしていない車両を購入してしまった場合にのみ言えることです。

 

ですが、当サイトでお勧めしている2015年型、走行距離2~3万km以上の中古車は、新車とほぼ変わらない燃費になります。

 

それを踏まえた上で、新車と中古車のウェイクの燃費を比較すると、

 

グレード カタログ燃費(JC08) 実燃費
D/L(FF) 25.4km/L 16.09km/L
L(4WD) 24.6 15.43
Gターボ(FF) 23.8 14.93
Gターボ(4WD) 23.2 12.90

 

となります。

 

後でお話ししますが、ウェイクは車重がコンパクトカー並みの1t以上あるものがほとんどですから、燃費、実燃費、加速は他のライバル車と比較した場合、悪くなります。

 

更に詳しい燃費、実燃費、年間ガソリン代については下記の記事で詳しく解説しています。

参考

⇒新車は買うな!ウェイクの燃費実燃費から考える中古車にすべき3つの理由とは?

 

 

理由2.新車と中古車の年間維持費が変らない!

 

 

維持費がかからないという理由で軽自動車、ウェイクの購入を検討する方も多いかと思いますが、年間維持費ですべての人に平等にかかる出費は「自動車税」と「ガソリン代」になります。

 

自動車税にに関しては、2015年型のウェイクは全グレードが現在販売されている新車のウェイクと同じ「平成32年度燃費基準」を達成していますので、支払う金額は同じになります。

 

更に前項でお話ししたように、燃費も同じになりますので、年間維持費は変わりません。

 

詳しい年間維持費、ガソリン代、税金、その他諸経費は下記の記事で詳しく解説しています。

参考

⇒新車は買うな!ウェイクの維持費から見る中古車にすべき3つの理由とは?

 

 

理由3.新車の安全性能は向上したが、車両価格が高い!

 

 

ダイハツウェイクの新車と2015年型の中古車との最大の違いは「予防安全性能」にあります。

 

最近は各社軽自動車でも先進のテクノロジーで自動ブレーキ等の予防安全性能は進化してきました。

 

ウェイクの場合、2015年型の中古車と新車の予防安全性能を比較すると、最大の違いは、自動ブレーキの作動範囲になります。

2015年型ウェイク(スマアシ):4~30km/h

新車ウェイク(スマアシⅢ):4~80km/h

というように作動範囲が50km/hとほど上限がアップしました。

 

ただ、エアバッグ等のその他安全性能は2014年の発売以来全く変わっていません。

 

そのことを考えると、新車と2015年型の走行距離2~3万kmの中古車の車両の価格差は、馬力のあるターボ車では100万円近く差があるグレードもあります。

 

大切な家族を守る安全はお金では買えないといいますが、燃費もあまり良くない車種ですから、この金額をガソリン代に回す方が賢明ということができます。

 

更に詳しいウェイクの安全性能は下記の記事で詳しく解説しています。

参考

⇒新車は買うな!ウェイクの安全性を考えるなら中古車にすべき3つの理由!

 

 

理由4.馬力と加速を考えたら、中古車の方が金銭的に100万円近くお得!

 

 

先ほどお話ししたように、ウェイクはとにかく車重が重いことが欠点になります。

 

同じスーパーハイトクラスの中でも1tを超える車重はほぼ見当たらず、同じダイハツのタントと比較すると100kg近く車重が違ってきます。

 

また、新車中古車に限らずウェイクはタントと同じエンジンを使っていますので、家族を乗せるときは、さらに重量が加算されます。

 

そのため、加速や馬力は、ノンターボ車ではストレスがたまるような加速感になりますので、ターボ車が必須になります。

 

ただ、ウェイクの場合ターボ車はハイエンドクラスになりますので、170万円~185万円近くなりますので、ガソリン代がかかり、しかも車両本体価格の高いターボ車にする場合は中古車と新車の購入価格の差額にガソリン代を充てるほうが賢明と判断します。

参考

⇒新車は買うな!ウェイクの価格最大値引きを考えると中古にすべき3つの理由とは?

 

更に詳しいウェイクの加速、馬力に関しては下記の記事で詳しく解説しています。

参考

⇒新車は買うな!ウェイクの加速馬力から考える中古車にすべき3つの理由

 

 

理由5.値引き率は若干良いが、オプションの割引が厳しい

 

 

ウェイクの新車の場合、他のライバル車で人気車種のNBOX、タントと比較すると値引き率はやや好調で、キャンペーン時期の最大値引きは10~13万円となります。

 

ですが、この車両本体価格からの値引きは、オプション20万円以上購入した時に望める割引率です。

 

更にオプションは20万円以上購入した場合は凡そ20%引きということですが、残念なことに必要なオプションで20万円分購入することは厳しくなっています。

 

安全性を確保するためのサイドカーテンエアバッグはオプションでも販売されておらず、アウトドア用のオプションも専門店で購入した方が機能と価格面で良い物が揃っています。

 

そのため、ハイエンドのカーナビ、ETC、などを付けるということになりますが、カーナビはスマホで十分という時代になっていますので、20万円を消化することは厳しくなります。

 

更に詳しい各グレードの装備、価格、最大値引きは下記の記事で詳しく解説しています。

参考

⇒新車は買うな!ウェイクの価格最大値引きを考えると中古にすべき3つの理由とは?

 

 

【最重要】ウェイクの2015年型中古車価格の相場とは?

 

以上のようにウェイクの新車と中古車を比較してきましたが、一番重要なことは中古車価格になります。

 

ウェイクの場合、車重が重たいために、ターボ車が必須になりますが、ターボ車はハイエンドクラスになり、更に燃費が悪いということになります。

 

そのことを考えると、中古車のターボ車を購入して、新車との価格差をガソリン代に回すことが、現在の高止まりするガソリン代を抑える考え方になります。

 

それでは2015年型走行距離2~3万kmの程度の良いウェイクの中古車販売価格を一般よりも安いことで有名な「ズバット車販売」で比較してみましょう。

参考

⇒ズバット車販売(公式)

 

ウェイク D SA   LEDヘッド/ワンオーナー/禁煙/カーナビ/ETC

走行距離:2.3万km

価格:86.5万円

 

ウェイク L SA メモリーナビTV/電動スライドドア/LEDライト/カーナビ/ワンセグ/ETC

走行距離:2.5万km

価格:87.8万円

 

ウェイク X ターボ カーナビ/バックカメラ LED /ETC

走行距離:2.8万km

価格:92.2万円

 

ウェイク G SA ターボ カーナビ/両側電動スライドドア/ワンセグ/ETC

走行距離:2.2万km

価格:94.8万円

 

ウェイク  X ターボ 禁煙/両側電動スライドドア/カーナビ/ETC

走行距離:1.8万km

価格:98.8万円

 

上記のように走行距離2~3万kmの相場は

・ノンターボ車:80万円台後半~

・ターボ車:90万円台前半~

 

となりますので、ターボ車の購入をする場合はかなり金額を抑えることができます。

 

更に長く乗ることをお考えの方は、タイミングチェーンを採用していますので10万kmの時の高価な交換費用はかかりません。

 

 

結論!ウェイクを購入するなら中古車で決まり!

 

以上のようにウェイクの新車と中古車の比較をしてきましたが、一番の違いは「予防安全性能」になります。

 

ですが、その他の点に関してはほぼ性能は同じであり、更に値引き率は良いというほどではありません。

 

また、車重が重いためにターボ車が必須になってきますので、ガソリン代も考えると、

ズバリ!2015年型のウェイクの中古車を強くお勧めいたします!

 

 

~軽自動車の新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたは一般中古車相場よりも最大67万円以上も安く購入できることもある、中古車、新古車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で簡単!超お買い得な非公開車両の検索はコチラ!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

 

関連記事

【ウェイク】

⇒ウェイクの維持費から見る中古車にすべき3つの理由とは?

⇒ウェイクの価格最大値引きを考えると中古にすべき3つの理由とは?

⇒ウェイクの安全性を考えるなら中古車にすべき3つの理由!

⇒ウェイクの燃費実燃費から考える中古車にすべき3つの理由とは?

⇒ウェイクの加速馬力から考える中古車にすべき3つの理由

【ライバル車】

⇒【新旧比較】新型NBOXは買うな!中古車を買うべき5つの理由は?

⇒ダイハツタントの新車は買うな!中古車を買うべき5つの理由とは?

⇒デイズルークスの新車は買うな!中古車を買うべき5つの理由とは?

⇒新型スペーシアは買うな!中古車を買うべき5つの理由とは?

⇒もくじはこちらです